日向薬師から大山登山 ~丹沢登山LIFE.com

日向薬師から大山登山

   

丹沢登山LIFE.com

日向薬師から大山登山

HOME>>丹沢登山日記>>日向薬師から大山登山

日向薬師から大山登山

日向薬師バス停→大山山頂 2時間30分
標高差 日向薬師バス停から大山山頂 1150m


小田急線伊勢原駅より伊20 日向薬師行 川上・長竹(伊勢原駅北口発)運賃:大人270円/小児140円のバスにのり日向薬師バス停に向かいます。伊勢原駅前から市街地を抜け、里山のような風景の道を登り20分程で日向薬師バス停に到着します。バス停横には関東ふれあいの道案内が立っていますが今回はこの中でも大山参りの道に沿って登っていきます。

関東ふれあいの道案内日向薬師バス停から登山道へ向かう道

バス停から舗装道路を左に進みしばらくすると日向薬師方面と大山山頂方面の分岐点にさしかかります。右に進むと日向山、日向薬師方面ですが大山山頂を目指すため左へ進みます。

日向薬師方面と見晴台方面分岐日向薬師と大山山頂への指導標

日向薬師は日向薬師バス停から徒歩20分程で着きますので時間に余裕がありましたら寄られて見てはいかがでしょうか。日向薬師境内には神奈川の名木100選にも選ばれた宝城坊の幡かけの杉もあり、宝物殿前を通り駐車場を抜けると日向山へのハイキングコースになります。登山口は梅林となっており早春には見所となっています。

話が少々ずれましたが大山山頂方面に進み、日向川の川音を聞きながら川沿いを歩いていると左手に浄発願寺の立派な三重塔が見えてきます。

浄発願寺の三重塔浄発願寺入口

さらに小渓流のような日向川を眺めながら山あいの道を登って行くと日向渓谷マス釣りセンターや石雲寺が見えてきますのでそのまま先に進みます。右手に日向ふれあい学習センターの案内板が見えたらその左手が九十九曲ハイキングコース入口になります。

九十九曲ハイキングコース指導標のすぐ下には山ビルの注意書き看板が設置されています。注意書き内にはヤマビル活動時期:5月~11月頃、雨中雨後の蒸し暑い日は特に活動が活発ですと書かれています。以前からヤマビルの性質や東丹沢での生息域拡大についてはあちらこちらで聞いてはいましたが登山前に注意書き看板を目にして再認識させられた気分になりました。

私が九十九曲ハイキングコースを歩いたのはヤマビルハイシーズンの6月、さらには前日から雨模様でその雨がお昼頃にやんだ非常に湿度の高い蒸し暑い午後でした。

ヤマビルハイシーズン=登山ハイシーズンでもありますし時間があれば山に登っていたい登山者にとってヤマビルを恐れて帰る訳にはいきません。ヤマビルの存在を意識しながらも登山道にはいっていきます。

九十九曲ハイキングコース登山口ヤマビルの注意書き

登山道に入ってすぐに沢を渡る木橋が見えてきますのでその木橋を渡ると道は急斜面をジグザグに登りはじめます。

沢を渡る木橋ジグザグに登る登山道

斜面は急ですがジグザグに登っているためあまりキツイといった印象はありません。そのまま登り続けると日向薬師からの舗装道路とあたりますのでそのまま舗装道路を横切り、さらに九十九曲ハイキングコースの指導標に従い登山道を登ります。

登山道と舗装道路交差点植林地を進む登山道

九十九曲ハイキングコースには途中にベンチなどの休憩ポイントが無く一気に見晴台まで登るようになっています。ただいくら急斜面をジグザグに登っているとはいえ合間合間には小休憩が必要となってきますが登山口にもありましたようにヤマビルなどの生息地では安易に腰を降ろすのはお勧めできません。

ヤマビルは人や動物などの体温や吐く息を高性能センサーで感知して尺取り虫のような動きで忍び寄ってきますのでヤマビルの被害を受けないような休憩の取り方が必要になってきます。

まずは先にも書きましたが安易に腰を降ろさないことや登山道の端の落葉が溜まった場所などには立ち止まらずできるだけ道の中央などで短時間で休憩を取るようにします。ヤマビルは湿気の多い日陰を好みますのでちょっとした日なたがあったらそのような場所を休憩ポイントとするのもいいでしょう。

登山道は何処までも同じようなジグザグの単調な道が続きますがお地蔵様が見えたあたりから登りはひと段落して尾根にでますので頑張って下さい。

登りきった右手に見えるお地蔵様登山道にたたずむお地蔵様

お地蔵様手前にある大山山頂への指導標に従い右に折れると尾根にでます。尾根に出ると両脇を遮るものがないため気持ちの良い風が吹き抜けていき、今までの登りで火照った身体を風がクールダウンしてくれ心地良いひと時を過ごす事ができます。しばらく尾根を歩くと右手につづら坂を下り日向キャンプ場への道が現れますが見晴台を目指すためそのまま先に進みます。

風を感じながら尾根を歩く日向キャンプ場への指導標

尾根が軽く登りに変わったあたりからしばらくすると左手の展望が一気に開け、ここではじめてこのコースの展望を楽しむ事ができます。左側には伊勢原市街から遠くは江ノ島まで見渡す事ができます。

徐々に登りになる尾根尾根沿いに開けた展望

左手に景色を眺めながら尾根を登っていくと見晴台に到着となります。見晴台には15台ほどのベンチとあずまやが立ち週末には多くの登山者で賑わいをみせています。見晴台からは先ほどの尾根から見えた南の方角とは違い北東方面の展望が開けておりニノ沢ノ頭や唐沢峠、鐘ガ岳などの山並みを楽しむ事ができます。

見晴台に立ち並ぶベンチ見晴台からの眺望

見晴台からは雷ノ峰尾根を経由して大山山頂に向かうコースとあずまやの手前から下社に下るコースに分かれています。


見晴台から大山山頂を目指すコース

大山山頂へは急な登りの尾根を進み、しばらく進むとシカよけ柵がでてきますので柵に沿って登り続けます。丸木が埋められた階段をジグザグに登っていくと次第にガレ場のような登山道となってきます。更に登り続け登りがひと段落したあたりに不動尻からの登山道が合流してきます。この先は今までの雷ノ峰尾根に比べるとなだらかでしばらくすると大山山頂直下の広場にでます。

山頂直下の広場は北側の展望が良く三峰山などからさらに遠くの山並みを見る事ができます。

大山山頂直下の広場へ向かう道大山山頂直下の広場からの眺望

阿夫利神社下社に下るコース

急な悪天候や時間の都合などにより大山山頂を目指さずに下社を経由してケーブルカーで下山するコースもあり見晴台のあずまや左手前から下りの登山道を進みます。大山山頂付近のコース説明や見どころ説明は他の登山コースでも紹介していますので今回は阿夫利神社下社への登山コース詳細をご紹介いたします。

はじめのうちは広めの登山道をジグザグに下って行きますが途中から左側が切り立った斜面になり道幅も狭くなりますので注意して下さい。このような道幅が狭く、片側が急な斜面のような場所でのすれ違いなどには特に気を使い、待つ側の人は必ず山側で待つようにします。

下社へ向かう登山道入り口左側が切り立った細い登山道

道中には写真のような立派な原生林も点在しており、このような生命感や躍動感に満ち溢れた大木を見ると時代の流れと言うか、この木がここに根付いてからの途方もない年月を考えただけでワクワクしてくるのは私だけでしょうか。

このような小さな発見を重ねながら静かな森の中を進んでいくと遠くのほうから滝の音が響いてくるようになり、しばらくすると二重ノ瀧が見えてきます。ここを過ぎると下社までは100m程になります。

二重の瀧二重社

大山山頂ケーブル駅の指導標に従い石段を登ると下社前広場にでます。下社前広場には数件のお茶屋が立ち並んでおり、お団子やそばなどをいただく事ができます。広場からはケーブルカー駅への道と下社へ上がる石段、男坂女坂を経て下山する道がありますのでまずは石段を登り下社にお参りをして行きましょう。

大山山頂ケーブル駅指導標大山阿夫利神社下社への石段

下社前からの見晴らしも最高で天気のいい日には相模湾まで一望できます。下社境内の中央あたりには二台目御神木の枝垂れ桜がたたずんでいます。まだ植えられてあまり年月が経っていないようで若々しさを感じます。

大山阿夫利神社下社大山阿夫利神社下社前からの見晴らし

ここからの下山は体力が残っていれば男坂や女坂を下って行きますが体力や時間の都合があるのでしたらケーブルカーを利用して下山する事もできます。ケーブルカーを降りると大山名物の豆腐料理や猪鍋を堪能できるお店や日帰り入湯ができる旅館などが立ち並んでいますので帰りに疲れを癒したり、お土産を買っていくなどのご褒美もいいかもしれません。

大山のお土産屋さん大山のお土産屋さん

2013年6月 



>>アウトドア用品宅配買取 買うトドア
他店より1円でも安かったら相談できる!買うトドアの口コミや評判から解る!アウトドア用品宅配買取業界最大級の理由
>>前の記事 ヤビツ峠から大山山頂登山
>>次の記事 大山ケーブルバス停から大山山頂登山


関連記事

  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏(6月)

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫利神社は>>続きを読む

  • 大山ケーブルバス停から大山山頂登山 夏(6月)

    大山登山コースの中でも大山ケーブルバス停からお土産屋さんや旅館の立ち並ぶ街道を通り、阿夫利神社下社を経由するコースが一番メジャーで初心者向きコースかもしれ>>続きを読む

  • PR


    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に>>続きを読む


  • 登山・山登りは筋肉にいいか?

    人の体は特に運動などをしなければ20代をピークとしていろいろな機能が衰えていくものです。例えば30歳以降にな>>続きを読む


  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報

    丹沢の魅力は沢山ありますが首都圏から近い事とアクセスの良さも大きな魅力の一つではないでしょうか。電車なら小>>続きを読む


  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策

    山登りは身体にいい。都会とは違って木々に囲まれた環境の中で適度な運動をするのだから身体に悪いはずはない。>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい塔ノ岳

    塔ノ岳は東京近郊からの日帰り登山にはちょうど良い距離と標高を兼ね揃えた山で天気の良い日には山頂から相模湾や>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい檜洞丸

    檜洞丸山頂は以前は空が見えないほどブナの大木で覆われていたが近年の立ち枯れの影響でだいぶ明るい山頂となって>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいい>>続きを読む



    丹沢の山々に登る

    春の丹沢登行記3月~5月

  • 大倉尾根から鍋割山 春 3月
  • 櫟山・栗ノ木洞経由 鍋割山登山 春 4月
  • 西丹沢 畦ヶ丸周遊登山 春 4月 
  • 西丹沢の前衛低山 高松山登山 春 4月
  • 大倉から西山林道を歩き櫟山へ 春 4月
  • 大倉尾根から塔ノ岳・丹沢山 春 4月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 春 5月
  • 大倉尾根から丹沢山 春 5月

  • 夏の丹沢登行記6月~8月

  • ヤビツ峠から大山登山 夏 6月
  • 日向薬師から大山登山 夏 6月
  • 大山ケーブルバス停から大山登山 夏 6月
  • 大倉から二俣経由 鍋割山登山 夏 6月
  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月
  • 天神尾根経由 塔ノ岳登山 夏 8月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 夏 8月

  • 秋の丹沢登行記9月~11月

  • 大倉から丹沢山経由 蛭ケ岳登山 秋 9月
  • 西丹沢 大室山・加入道山登山 秋 9月
  • 三ノ塔尾根から塔ノ岳 秋 9月
  • ヤビツ峠から塔ノ岳 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 櫟山 秋 11月
  • 紅葉過ぎゆく大倉尾根から花立山荘 冬 12月
  • 登山・山登り用品と服装

  • 山登りの服装 シャツ編
  • 山登りの服装 上着編
  • 汗を上手に逃がすウェア選び
  • 山登りのザック選び
  • 登山の荷物と詰め方(バックパック)
  • ザックの詰め方 バックパック極意
  • 登山靴・トレッキングシューズ選び方
  • 山歩きに欠かせないレインウェア
  • 山登りの装備を揃える
  • 登山に使うトレッキングポール選び方
  • 登山・山登りをはじめる

  • はじめての登山はどこへ
  • レンタル登山装備で節約登山
  • 登山・山登り前に準備体操
  • 登山道の歩き方のコツ
  • 危険な道と悪天候での登山
  • 登山・山登りでの休憩の取り方
  • 登山での行動食の重要性
  • 登山での岩場や鎖場での歩き方
  • 登山でのアクシデント対処法

  • 山での擦り傷、切り傷の処置
  • 山での捻挫・骨折・打撲の処置
  • 山での足のつりや肉離れの処置
  • 山での便秘・下痢・食中毒の処置
  • 山での熱中症と低体温症の処置
  • 食中毒と急性アルコール中毒予防
  • 登山・山登りでの悪天候 雷
  • 山での自然現象対処法
  • 山歩きでのクマ対策
  • イノシシやサルなども危険
  • マムシ・ヤマカガシなどの蛇対処法
  • ハチ・アブなどの昆虫類の対処法
  • 丹沢登山とヒル対策
  • キャンプ・野営の基礎

  • テントの種類と構造
  • テントの選び方
  • タープの種類と選び方
  • 寝袋・スリーピングバック 種類と選び方
  • マットの種類と選び方
  • ハンモックやコットで休憩
  • キャンプテーブルの種類と選び方
  • キャンプチェアを選ぶときのポイント
  • クーラーボックスの大きさと構造
  • テント・タープの設営場所と設営法
  • 登山・山登りの疑問と雑学

  • 登山・山登りは健康にいいか?
  • 登山・山登りは筋肉にいいか?
  • 登山・山登りのストレス解消効果
  • 登山のアプローチと出発準備
  • 山登りサークル・仲間探しの方法
  • 山登りに大事な食事
  • 山登りのテント泊 テント選び
  • テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット
  • 山行スタイルで決める登山靴選び
  • 登山での調理器具 ストーブ選び
  • 登る前に知っておきたい秋の丹沢の怖さ
  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策
  • コース設定をする前に知っておきたい事
  • 登山前の情報収集と地図確認を怠るな
  • 丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識
  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報