ヤビツ峠から塔ノ岳 丹沢表尾根コース ~丹沢登山LIFE.com

ヤビツ峠から塔ノ岳 丹沢表尾根

   

丹沢登山LIFE.com

ヤビツ峠から塔ノ岳 丹沢表尾根コース

HOME>>丹沢登山日記>>ヤビツ峠から塔ノ岳 丹沢表尾根コース

ヤビツ峠から表尾根を歩き塔ノ岳

塔ノ岳は大山と並んで首都圏に近い人気登山スポットとして有名な東丹沢を代表する山です。

塔ノ岳山頂付近には、かつて尊仏岩と呼ばれていた岩があり近隣在郷の信仰を集める山でもありましたが関東大震災により尊仏岩は崩落してしまったと言われています。


そんな塔ノ岳は山頂から東西南北に大きく尾根を張り出しており、それぞれの尾根が人気の登山コースとなっています。

ヤビツ峠

ヤビツ峠から表尾根経由で塔ノ岳を目指し大倉尾根から下山するコースは登山口、下山口ともに交通の便がいいうえにコース内は変化に富み、展望の素晴らしい箇所が多くあるために登山初心者からベテランの方まで多くの登山者に人気のある登山コースとなっています。

丹沢表尾根コースの登山口であるヤビツ峠へは小田急線秦野駅よりバスに揺られながら目指しますが、峠へ向かうバスは山道を左右に大きく蛇行しながら蓑毛を経由して進んでいきますのでバス酔いや車酔いの経験のある方は酔い止めを飲んでおいた方がいいかもしれません。

ただ蛇行した山道を走る時間はそんな長い時間揺られるわけではありませんのであくまでも念のための情報と捉えておいてください。

バス酔いの情報よりも大切なことがヤビツ峠行きのバスの発車時刻確認になります。本数はあまり多い方とは言えず、休日でも朝3、4本、午後1、2本程度で平日になるとさらに本数は減ります。出発前に神奈中のサイトなどで時刻表を確認しておくことをお勧めいたします。

基本的に本数は少なめですが登山シーズンなどになると本数を増やして登山者対応していますので実際の登山予定日の時刻表を確認しておくとよいでしょう。


ヤビツ峠でバスを降りたら舗装道路県道70号を札掛方面へ山腹を巻くようにゆったりと下ります。

以前は右手に富士見山荘が見えてきましたので富士見山荘前を目印として左手の菩提峠方面を目指しましたが、富士見山荘は現在では無くなってしまい跡地は駐車場となっています。

左手に綺麗なトイレが見えたあたりに塔ノ岳方面への指導標が現れますのでその道を左に折れていきます。

県道70号から塔ノ岳登山口を示す指導標

左折するとすぐに右手に塔ノ岳を示す指導標がある登山口が現れ、植林の中の登山道に入るとしばらくは展望のない赤土混じりの滑りやすい道が続きます。

表尾根 塔ノ岳登山口

しばらく歩くと展望が開け、背後に大山を望みながらの登りとなります。灌木林の中を抜けしばらくいくと葛葉の泉方面からの登山道と合流するニノ塔に到着します。

ニノ塔からすぐそばに見えてくるのが三ノ塔になりニノ塔から軽く下り、ひと登りすれば三ノ塔山頂に到着します。

三ノ塔山頂は広々としており休憩や軽い食事を取れるようなベンチや休憩所があり、展望も最高で東には大山、南には海まで見渡せる平野が広がり、西には富士山がそびえ立ちどの方角をとっても素晴らしい景色を楽しむことができます。

三ノ塔でひと休みし、しばらくは平坦な山頂部を進むと登山の安全を見守るようにお地蔵様が登山者の背中を見送る位置に鎮座されていますので軽く挨拶をされてから烏尾山を目指します。

三ノ塔から望む烏尾山

烏尾山山頂も三ノ塔に引けを取らない展望の良さがあり週末営業の烏尾山荘が建っています。ここからいくつかのアップダウンを繰り返しながら平坦な尾根を進むと大きなコブが現れ5m程の鎖場になります。

鎖場を超え急な登りを登りきったところが行者ガ岳になり山頂には地蔵尊が祀られています。行者ガ岳からの下りには二カ所の鎖場があり下りきると木の橋や木の階段、幅50cm程度のヤセ尾根と変化に富んだ地形が続きます。

木の階段を過ぎ行者尾根を超えると書策小屋が見え、さらに滑りやすい道を登りきると新大日ノ頭になりここには新大日茶屋が建っています。

この先、右方面には長尾尾根から札掛への登山道が続くが左に曲がり尾根通しに塔ノ岳に向かいます。樹林の中をしばらく歩き木ノ又大日ノ頭を超えてさらにジグサグの登りを登りきると目的の塔ノ岳山頂に到着となります。

塔ノ岳からの下山は花立を超え大倉まで一気に下るコースで2時間程で下山できてしまいます。ヤビツ峠から塔ノ岳を目的として大倉に下山するこのコースの特徴は目的地の塔ノ岳までは尾根伝いに変化に富んだ地形や展望を楽しめ、帰りは一気に下山出来るといった所にあります。

逆に大倉から塔ノ岳を目指すコースもありますが塔ノ岳までほぼ登り一辺倒といったきつめのコースとなりますので体力に自身のある方はこちらのコースも楽しんで見てはいかがでしょうか。ただこのコースの場合、ヤビツ峠へ下山すると帰りの交通機関が少ないため塔ノ岳からの往復登山をされるほうがお勧めです。

ヤビツ峠から塔ノ岳を目的として大倉へ下山するコースは初心者にもお勧めの登山コースですが幾つかの注意点がありまず一つ目が夏場の暑さ対策です。尾根伝いを歩くため夏場にはかなりの日差しが照りつけますので7月、8月の夏日は避けるほうがいいかもしれません。

またこのコースでは途中に水場がないため水分の準備をしっかりするようにしてください。唯一の水場は塔ノ岳山頂から西に不動ノ清水がありますが山頂から往復30分程かかります。

>>アウトドア用品宅配買取 買うトドア
他店より1円でも安かったら相談できる!買うトドアの口コミや評判から解る!アウトドア用品宅配買取業界最大級の理由

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    >>前の記事 丹沢登山・ハイキング
    >>次の記事 丹沢短時間登山 ヤビツ峠から岳ノ台周遊ハイキング


    関連記事

  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏(8月)

    このページでは大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られて>>続きを読む

  • 天神尾根経由 塔ノ岳登山 夏(8月)

    大倉から塔ノ岳を目指す登山ルートでは大倉尾根を利用するルートが一番メジャーですがサブコースとしてもいくつかの>>続きを読む

  • ヤビツ峠から塔ノ岳 秋 (10月)

    丹沢の山々でも厳しい夏の暑さがひと段落し秋の気配が感じられる10月上旬、山の紅葉にはまだ早いとわかりつつも清々>>続きを読む

  • 大倉尾根から丹沢山 春(5月)

    丹沢の新緑色増す五月中旬の日曜日、今日は山のように残っている仕事を片付けると決めていたので丹沢には行かれない>>続きを読む

  • 三ノ塔尾根から塔ノ岳 秋 (9月)

    塔ノ岳を目指す登山ルートと言えば大倉登山口から登る大倉尾根とヤビツ峠から登る表尾根ルートが一般的で多くの登山>>続きを読む

  • 紅葉過ぎゆく大倉尾根から花立山荘 冬 12月

    世の中はクリスマスや年末を控え慌ただしさが増している12月半ば、世間の慌ただしさから逃れるように静かな丹沢に>>続きを読む

  • 大倉尾根から塔ノ岳・丹沢山 春 4月

    前回の大倉から西山林道を歩き櫟山への丹沢スミレ探索から10日ほど経った4月の下旬、大倉尾根の新緑と塔ノ岳からの>>続きを読む

  • PR


    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に>>続きを読む


  • 登山・山登りは筋肉にいいか?

    人の体は特に運動などをしなければ20代をピークとしていろいろな機能が衰えていくものです。例えば30歳以降にな>>続きを読む


  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報

    丹沢の魅力は沢山ありますが首都圏から近い事とアクセスの良さも大きな魅力の一つではないでしょうか。電車なら小>>続きを読む


  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策

    山登りは身体にいい。都会とは違って木々に囲まれた環境の中で適度な運動をするのだから身体に悪いはずはない。>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい塔ノ岳

    塔ノ岳は東京近郊からの日帰り登山にはちょうど良い距離と標高を兼ね揃えた山で天気の良い日には山頂から相模湾や>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい檜洞丸

    檜洞丸山頂は以前は空が見えないほどブナの大木で覆われていたが近年の立ち枯れの影響でだいぶ明るい山頂となって>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいい>>続きを読む



    丹沢の山々に登る

    春の丹沢登行記3月~5月

  • 大倉尾根から鍋割山 春 3月
  • 櫟山・栗ノ木洞経由 鍋割山登山 春 4月
  • 西丹沢 畦ヶ丸周遊登山 春 4月 
  • 西丹沢の前衛低山 高松山登山 春 4月
  • 大倉から西山林道を歩き櫟山へ 春 4月
  • 大倉尾根から塔ノ岳・丹沢山 春 4月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 春 5月
  • 大倉尾根から丹沢山 春 5月

  • 夏の丹沢登行記6月~8月

  • ヤビツ峠から大山登山 夏 6月
  • 日向薬師から大山登山 夏 6月
  • 大山ケーブルバス停から大山登山 夏 6月
  • 大倉から二俣経由 鍋割山登山 夏 6月
  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月
  • 天神尾根経由 塔ノ岳登山 夏 8月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 夏 8月

  • 秋の丹沢登行記9月~11月

  • 大倉から丹沢山経由 蛭ケ岳登山 秋 9月
  • 西丹沢 大室山・加入道山登山 秋 9月
  • 三ノ塔尾根から塔ノ岳 秋 9月
  • ヤビツ峠から塔ノ岳 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 櫟山 秋 11月
  • 紅葉過ぎゆく大倉尾根から花立山荘 冬 12月
  • 登山・山登り用品と服装

  • 山登りの服装 シャツ編
  • 山登りの服装 上着編
  • 汗を上手に逃がすウェア選び
  • 山登りのザック選び
  • 登山の荷物と詰め方(バックパック)
  • ザックの詰め方 バックパック極意
  • 登山靴・トレッキングシューズ選び方
  • 山歩きに欠かせないレインウェア
  • 山登りの装備を揃える
  • 登山に使うトレッキングポール選び方
  • 登山・山登りをはじめる

  • はじめての登山はどこへ
  • レンタル登山装備で節約登山
  • 登山・山登り前に準備体操
  • 登山道の歩き方のコツ
  • 危険な道と悪天候での登山
  • 登山・山登りでの休憩の取り方
  • 登山での行動食の重要性
  • 登山での岩場や鎖場での歩き方
  • 登山でのアクシデント対処法

  • 山での擦り傷、切り傷の処置
  • 山での捻挫・骨折・打撲の処置
  • 山での足のつりや肉離れの処置
  • 山での便秘・下痢・食中毒の処置
  • 山での熱中症と低体温症の処置
  • 食中毒と急性アルコール中毒予防
  • 登山・山登りでの悪天候 雷
  • 山での自然現象対処法
  • 山歩きでのクマ対策
  • イノシシやサルなども危険
  • マムシ・ヤマカガシなどの蛇対処法
  • ハチ・アブなどの昆虫類の対処法
  • 丹沢登山とヒル対策
  • キャンプ・野営の基礎

  • テントの種類と構造
  • テントの選び方
  • タープの種類と選び方
  • 寝袋・スリーピングバック 種類と選び方
  • マットの種類と選び方
  • ハンモックやコットで休憩
  • キャンプテーブルの種類と選び方
  • キャンプチェアを選ぶときのポイント
  • クーラーボックスの大きさと構造
  • テント・タープの設営場所と設営法
  • 登山・山登りの疑問と雑学

  • 登山・山登りは健康にいいか?
  • 登山・山登りは筋肉にいいか?
  • 登山・山登りのストレス解消効果
  • 登山のアプローチと出発準備
  • 山登りサークル・仲間探しの方法
  • 山登りに大事な食事
  • 山登りのテント泊 テント選び
  • テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット
  • 山行スタイルで決める登山靴選び
  • 登山での調理器具 ストーブ選び
  • 登る前に知っておきたい秋の丹沢の怖さ
  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策
  • コース設定をする前に知っておきたい事
  • 登山前の情報収集と地図確認を怠るな
  • 丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識
  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報