西丹沢大室山・加入道山登山 秋 9月 ~丹沢登山LIFE.com

西丹沢大室山・加入道山登山 秋 9月

   

丹沢登山LIFE.com

西丹沢大室山・加入道山登山 秋 9月

HOME>>丹沢登山日記>>西丹沢大室山・加入道山登山 秋 9月

2014年9月4日

1章 用木沢出合から犬越路 キノコのお出迎え

9月初旬の平日、今日はこの時期見頃のヤマトリカブトの花を見に群生地でもある大室山に向かいます。

朝、天候を確認するとどんより曇り空。山には雲がかかっており、まず展望は望めないとは思いましたがヤマトリカブトの花だけでもと思い車を走らせます。


用木沢出合に到着し、そそくさと支度を済ませたら用木沢沿いの東海自然歩道を進みますがちなみに用木沢出合登山口はあまりメジャーな登山口ではないため位置関係だけでも簡単にご説明致します。西丹沢の登山口と言えば西丹沢自然教室に車を停め入山する方法が一般的ですがその西丹沢自然教室を通過しさらに奥まで車を走らせると左手にゲートが見えるドンツキにあたりますのでここが用木沢出合登山口になります。

用木沢出合用木沢から登山道へ

本日の登山コースは用木沢出合から犬越路を目指し、大室山、加入道山を経由して白石峠から用木沢出合に戻ってくる周遊コースです。

右手に沢を眺めながら登山道を歩きはじめるとすぐに用木沢公園橋が見えてくるのでこの橋を渡り沢沿いを歩いていきます。橋からは大きな堰堤が見えゴールデンウイークや夏休みなどは堰堤下でキャンプやバーベキューに来た人達が水遊びをしている光景をよく見かけます。

用木沢公園橋橋から望む堰堤

今回の用木沢出合から大室山を目指す登山コースは西丹沢特有の沢沿いを登るコースのためコース序盤は丹沢の渓流を眺めながら季節ごとの色合いを楽しむことができます。ただその反面沢沿いや時には沢床を進むため豪雨の後や天候が急変しそうな時には特に注意が必要な登山ルートでもあります。

沢沿いを歩く登山道沢沿いを歩く登山道

山々の季節が巡るのは早いもので9月初旬にもなると実りの秋を実感でき、足元を気にしながら歩いていると多くのキノコを見つける事ができます。これから先いろいろな種類のキノコを見つけるのですが標高が高くなるまでは花々よりもキノコの写真の方が多くなってしまうかもしれません。ちょっと華やかさには欠けますがこの後素晴らしい光景が待っていますので楽しみにしていて下さい。

西丹沢の登山道はキノコ三昧

まずは一枚目のキノコですがお恥ずかしながらキノコの知識は皆無に等しく名前が全くわかりません。自分では覚えたいとは思っているのですが何と無く勉強をサボってしまっています。よって誠に申し訳御座いませんがこれからご紹介するキノコは全て名前がわかりません。

細い沢沿いの登山道を歩いて行くと20分程で広い河原にでますのでさらにこの河原を進むとまた山路にとりつきます。

登山道で見かけたキノコ沢沿いを歩く登山道

少し沢を離れた登山道で続け様に二種類のキノコを発見しました。一つ目は先ほどのものより黒みが強く、二種類目のものは一本の倒木から色分けされたように生えるキノコ。誰かが塗り分けでもしたかのような光景にキノコの不思議さを感じます。

登山道で見かけたキノコ倒木に生える二色のキノコ

そしてこんなキノコも!!
一生懸命傘を広げようと頑張っているのですが流石にこの石を押し切る力はないようで傘が変形してしまっています。少しお手伝いをしてあげようと石を動かしてあげるとその下には小さなキノコの姿がありました。親キノコなのか、兄キノコなのかはわかりませんが小さなキノコのために大きなキノコが頑張っていたのでしょうか。

登山道で見かけたキノコ登山道で見かけたキノコ

杉林には何処かのお菓子、キノコの山のモデルになったかのようなキノコが生えいました。この僅かな距離でこれだけの種類、この先どれだけのキノコと出会うのでしょうか。

杉の植林地を歩くお菓子のようなキノコ

犬越路まで800mを過ぎた辺りから登山道は雰囲気を変え花崗岩の登山道へとなってきました。コシツバ沢の指導標は無残にも壊れてしまっておりこの辺の登山道の状況を物語っています。沢に点在する大きな岩や瓦礫の状況からここは豪雨に見舞われれば周辺の山々からの雨が集まり流れていく沢であり人の手による整備など一瞬にして崩壊させてしまうのでしょう。よって沢のそばに建つ指導標や沢の側にある階段などは豪雨の傷跡を残したままとなっています。

コシツバ沢沢の状況

そんな荒れ果てた沢岸にヤマホトトギスの花を見つけました。ここまで多くのキノコや荒れた沢の状況などを見てきたせいか久々に目にする綺麗な花に心なごむひと時でもありました。・・・キノコを否定している訳ではありませんので。ただ私のキノコへの興味が薄いだけのことでキノコを好きな方には魅力的な登山道であることは間違いないはずです。このヤマホトトギスですがユリ科の植物で近似種にホトトギスがありますがホトトギスとの違いはヤマホトトギスの花は頂部につき、花弁片が反り返るのが特徴です。ホトトギスのほうは葉の付け根に1~4個の花をつけ花弁片が大きく反り返ることはありません。

この先、登山道が沢から離れ樹林帯を進むようになったら犬越路はもう一息です。樹林帯の中の登山道に大岩が見えたら犬越路までは数分の距離となります。写真からお気づきになると思いますがこの日は犬越路周辺から徐々に霧に包まれるようになり大室山山頂や加入道山山頂も濃い霧に包まれていました。通称「ガスってます!」よってこの先、予想通り展望は期待できませんがそれはそれで霧に包まれた幽玄なブナ林や山頂の光景を見ることができますので面白いものです。

樹林帯の中を進む登山道犬越路近くの大岩

>>前の記事 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 春(5月)
>>次の記事 2章 犬越路から大室山 霧の中の登山道


関連記事

  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 夏(8月)

    ブナの大木に囲まれた西丹沢の名山として名高い檜洞丸(ひのきぼらまる)はかつては西丹沢の秘境と呼ばれていましたが今では深山の趣きは薄れ多くの登山者に親しまれて>>続きを読む

  • 西丹沢 畦ヶ丸周遊登山 春(4月)

    丹沢山塊の麓の町では桜が満開になった4月上旬、山の春を探しに西丹沢の畦ヶ丸に登りました。畦ヶ丸は東丹沢の名が知れた山々に比べるとマイナーな感じの山ではあり>>続きを読む

  • 西丹沢の前衛低山 高松山登山 春(4月)

    今回ご紹介する低山は丹沢山塊の前衛に位置する高松山で国道246号からもアクセスが良く三時間ほどで登れる山ですので遅く起きた休みの日や軽い登山がしたい時などには>>続きを読む

  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 春(5月)

    5月下旬の本日は西丹沢の名物となっている花々、トウゴクミツバツツジやシロヤシオの開花状況を確認する目的で檜洞丸に登るために丹沢湖に架かる永歳橋を渡りいつも>>続きを読む

  • PR


    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に>>続きを読む


  • 登山・山登りは筋肉にいいか?

    人の体は特に運動などをしなければ20代をピークとしていろいろな機能が衰えていくものです。例えば30歳以降にな>>続きを読む


  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報

    丹沢の魅力は沢山ありますが首都圏から近い事とアクセスの良さも大きな魅力の一つではないでしょうか。電車なら小>>続きを読む


  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策

    山登りは身体にいい。都会とは違って木々に囲まれた環境の中で適度な運動をするのだから身体に悪いはずはない。>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい塔ノ岳

    塔ノ岳は東京近郊からの日帰り登山にはちょうど良い距離と標高を兼ね揃えた山で天気の良い日には山頂から相模湾や>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい檜洞丸

    檜洞丸山頂は以前は空が見えないほどブナの大木で覆われていたが近年の立ち枯れの影響でだいぶ明るい山頂となって>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいい>>続きを読む



    丹沢の山々に登る

    春の丹沢登行記3月~5月

  • 大倉尾根から鍋割山 春 3月
  • 櫟山・栗ノ木洞経由 鍋割山登山 春 4月
  • 西丹沢 畦ヶ丸周遊登山 春 4月 
  • 西丹沢の前衛低山 高松山登山 春 4月
  • 大倉から西山林道を歩き櫟山へ 春 4月
  • 大倉尾根から塔ノ岳・丹沢山 春 4月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 春 5月
  • 大倉尾根から丹沢山 春 5月

  • 夏の丹沢登行記6月~8月

  • ヤビツ峠から大山登山 夏 6月
  • 日向薬師から大山登山 夏 6月
  • 大山ケーブルバス停から大山登山 夏 6月
  • 大倉から二俣経由 鍋割山登山 夏 6月
  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月
  • 天神尾根経由 塔ノ岳登山 夏 8月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 夏 8月

  • 秋の丹沢登行記9月~11月

  • 大倉から丹沢山経由 蛭ケ岳登山 秋 9月
  • 西丹沢 大室山・加入道山登山 秋 9月
  • 三ノ塔尾根から塔ノ岳 秋 9月
  • ヤビツ峠から塔ノ岳 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 櫟山 秋 11月
  • 紅葉過ぎゆく大倉尾根から花立山荘 冬 12月
  • 登山・山登り用品と服装

  • 山登りの服装 シャツ編
  • 山登りの服装 上着編
  • 汗を上手に逃がすウェア選び
  • 山登りのザック選び
  • 登山の荷物と詰め方(バックパック)
  • ザックの詰め方 バックパック極意
  • 登山靴・トレッキングシューズ選び方
  • 山歩きに欠かせないレインウェア
  • 山登りの装備を揃える
  • 登山に使うトレッキングポール選び方
  • 登山・山登りをはじめる

  • はじめての登山はどこへ
  • レンタル登山装備で節約登山
  • 登山・山登り前に準備体操
  • 登山道の歩き方のコツ
  • 危険な道と悪天候での登山
  • 登山・山登りでの休憩の取り方
  • 登山での行動食の重要性
  • 登山での岩場や鎖場での歩き方
  • 登山でのアクシデント対処法

  • 山での擦り傷、切り傷の処置
  • 山での捻挫・骨折・打撲の処置
  • 山での足のつりや肉離れの処置
  • 山での便秘・下痢・食中毒の処置
  • 山での熱中症と低体温症の処置
  • 食中毒と急性アルコール中毒予防
  • 登山・山登りでの悪天候 雷
  • 山での自然現象対処法
  • 山歩きでのクマ対策
  • イノシシやサルなども危険
  • マムシ・ヤマカガシなどの蛇対処法
  • ハチ・アブなどの昆虫類の対処法
  • 丹沢登山とヒル対策
  • キャンプ・野営の基礎

  • テントの種類と構造
  • テントの選び方
  • タープの種類と選び方
  • 寝袋・スリーピングバック 種類と選び方
  • マットの種類と選び方
  • ハンモックやコットで休憩
  • キャンプテーブルの種類と選び方
  • キャンプチェアを選ぶときのポイント
  • クーラーボックスの大きさと構造
  • テント・タープの設営場所と設営法
  • 登山・山登りの疑問と雑学

  • 登山・山登りは健康にいいか?
  • 登山・山登りは筋肉にいいか?
  • 登山・山登りのストレス解消効果
  • 登山のアプローチと出発準備
  • 山登りサークル・仲間探しの方法
  • 山登りに大事な食事
  • 山登りのテント泊 テント選び
  • テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット
  • 山行スタイルで決める登山靴選び
  • 登山での調理器具 ストーブ選び
  • 登る前に知っておきたい秋の丹沢の怖さ
  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策
  • コース設定をする前に知っておきたい事
  • 登山前の情報収集と地図確認を怠るな
  • 丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識
  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報