西丹沢の前衛低山 高松山登山 春 4月 ~丹沢登山LIFE.com

西丹沢の前衛低山 高松山登山 春 4月

   

丹沢登山LIFE.com

西丹沢の前衛低山 高松山登山

HOME>>丹沢登山日記>>西丹沢の前衛低山 高松山登山

2014年4月8日

春の花溢れる丹沢の低山

塔ノ岳や鍋割山などの山々の花々が最盛期を迎えるにはまだ一月か二月ほど早い4月初旬、丹沢山塊でも一足早く花期を迎える低山に向かいました。


今回ご紹介する低山は丹沢山塊の前衛に位置する高松山で国道246号からもアクセスが良く三時間ほどで登れる山ですので遅く起きた休みの日や軽い登山がしたい時などにはお勧めの山かもしれません。

環境情報: 晴れ AM 9:00 20.0℃ 35%

高松山山頂から望む富士山

高松山入口バス停より5分ほど住宅街を歩くと東名高速道路のガード下をくぐります。ガードをくぐった辺りから尺里川の淵を歩きながらビリ堂分岐を目指しますが、なんとものどかな里山の風景が広がっています。やすぼら橋を渡ってすぐの場所がビリ堂分岐らしいのですが特に指導標らしきものは見当たりません。

のどかな尺里川尺里川にかかるやすぼら橋

この日の川沿いは菜の花やタンポポなど春の花々で満ち溢れており、道端には土筆も生えていました。自分が子供の頃はあちこちで見かけた光景で特に気にもかけませんでしたが舗装路が増えた近年ではそんな当たり前の光景が非常に減った気がします。そんなどこか懐かしい風景を思い出させてくれるような場所でもあります。

のどかな尺里川川沿いに生える土筆

ここで指導標がビリ堂方面と大六天、高松山方面に分かれますがどちらのコースを選んでも高松山山頂には到着できます。今回は大六天、高松山コースで登って見ようと思います。

林道の分岐点林道の分岐点

しばらくの間は歩きやすい舗装路が続き登山道脇の花々を楽しみながら歩く事が出来ます。まず出迎えてくれたのは今が一番見頃なヤマブキの花でした。

満開のヤマブキ鮮やかなヤマブキ

ヤマブキの鮮やかさと迫力に目を奪われがちですが足元にはタチツボスミレやツルカノコソウなどもひっそりと咲いています。

足元に咲くタチツボスミレ足元に咲くツルカノコソウ

こちらはユリワサビとミヤマキケマンです。ミヤマキケマンは葉が深く細かく裂けニンジンの葉に似た感じで黄色い独特な花を沢山つけるので目立ちますね。

足元に咲くユリワサビ足元に咲くミヤマキケマン

ちょっと地味なキランソウ、いやいや素朴さが売りのキランソウでした。ジロボウエンゴサクの花も見かけました。この花ムラサキケマンに似ていますが葉がムラサキケマン程細かく亀裂が無く、花もムラサキケマンよりか弱い感じが特徴です。

足元に咲くキランソウ足元に咲くジロボウエンゴサク

しばらくの間は沢を右手に見ながら舗装された林道を進んで行きますが勾配も緩やかなため足どりは軽くなります。少しして高松橋を渡ると尺里川からは少しずつ離れていくため歩みを進めるたびに沢音が小さくなっていってしまいます。

山頂へ向かう舗装路高松山

ニリンソウ

ちょこっと林道から外れ寄り道をしてみるとニリンソウが咲いていました。このニリンソウは山麓の湿った林内や沢沿い、林縁などに生える多年草で葉に深い切れ込みがあるのが特徴です。今回歩いた登山道脇には姿を見ることができませんでしたのでもし時間に余裕があるようでしたらちょっと寄り道をしてニリンソウを探して見てください。

沢沿いに咲くニリンソウ沢沿いに咲くニリンソウ

こんな沢沿いに咲いていました。

山ゆりの滝を過ぎた辺りから徐々に登山道(舗装路)は高度を増してきたこともあり所々に展望を望めるようになってきました。また日当たりも良くなり土手沿いなどには日向を好むジジバリなども見られました。

山ゆりの滝明るい土手に咲くジジバリ

日当たりの良い林道脇にはキブシの花が満開でした。展望の良い所に咲くキブシを富士山バックに撮影してみました。

こちらは富士山とソメイヨシノですがやはり桜の色合いにはかないませんね。

日当たりの良い土手にはホタルカズラが見られました。あまり数は多くはなかったですが独特な花の形なので容易に見つけられます。青紫色で星型の白い線状の隆起があるのが特徴です。

ホタルカズラホタルカズラ

この先で分岐の指導標が現れますが道は左に折れ、第六天・高松山方面へと進みます。さらに進んだところに再度分岐指導標が今度は第六天と高松山方面への分岐となりますが特に迷うことはなく高松山山頂を目指しましょう。

第六天・高松山への分岐高松山への分岐

今回、このコースで一本だけカントウマムシグサに似たミミガタテンナンショウを見つけました。仏炎包の色が紫色のミミガタテンナンショウは沢山見られるのですがこの緑色のミミガタテンナンショウは結構稀で見つけると嬉しいですね。

この時期に林床から顔を出して葉が開く前に花を咲かせる事や仏炎包の縁が耳たぶのように張り出しているのでマムシグサとは判断はつきやすいですが今回見つけたような緑色のミミガタテンナンショウは何と呼ぶのでしょうか?ホソバテンナンショウなのかな?葉がまだ見えないのでちょっと判断が難しいですね。

緑色のミミガタテンナンショウ第六天・ミミガタテンナンショウ

随分と歩いてきましたがこの辺りからやっと舗装路が終わり本格的な登山道らしくなってきます。

舗装路が終わり山道へと高松山と虫沢への分岐

高松山頂上間近になってこんな指導標が立っていました。ここで廻り道をしたら負けのような気持ちにさせるにくい場所にありますね。勿論、男坂をダッシュで登ってやりました。

山頂手前の指導標山頂目前の登山道

高松山山頂

高松山山頂に到着です。高松山山頂は開けた草原のようになっており非常に見晴らしが良く、西に見える富士山からぐるっと南側まで開けています。山の規模の割には丹沢山塊のなかでもかなり山頂が広いほうだと感じます。

山頂の指導標高松山山頂の風景

ここからは山頂の風景をまとめてご紹介いたします。富士山から左へスクロールするように撮影した高松山からの展望です。

なかなかの絶景ですね。1000m以下の低山だからと言って丹沢山塊の他の山々と比べても負けてはいません。登ってくるまでの多くの花々と山頂でのこの展望、結構魅力的な山ではないでしょうか。

山頂で風に吹かれながらゆっくり休憩をとったらここから先はしばらく下りが続きます。

山頂から下る登山道山頂から下る登山道

木漏れ日降り注ぐ林床にまたスミレを見つけました。今までタチツボスミレは沢山見かけたのですがこのスミレは葉の形状がタチツボスミレに比べて細長くギザギザした感じでちょっと違いますが種類がわかりません。

葉の形状が違うスミレタチツボスミレ

ビリ堂

ビリ堂に到着です。ビリ堂は特に展望がある高台でもなく林内の登山道途中にある静かなちょっとした広場みたいな場所になります。

ビリ堂の風景ビリ堂の指導標

左側のスミレは今までのタチツボスミレに比べて明らかに葉の着き方が違い随分と柄が長いように見えますがこのスミレもタチツボスミレなのでしょうか?まだまだ勉強不足ですね。右側のスミレは明らかにタチツボスミレでは無く、アカネスミレのようですね。これくらい色合いや形状に違いがあれば判断はしやすいのですけどね。

柄の長いスミレアカネスミレ

少し湿った登山道脇の土手にはツリガネゴケも見られました。今回の高松山登山の中でもここでだけに見られましたが褐色の茎に鮮やかな緑色をした丸い葉、不思議な植物ですね。

ツリガネゴケツリガネゴケ

ここで何も指導標が見つからない分岐点に差し掛かりました。立て札には滝沢林道終点と記されていますが、とりあえず折り返すように下って行きます。この辺りでどうも遠回りをしている事に気付きましたがまだ時間には余裕がありますのでこのまま進む事にします。この辺一帯はシャガの群生地になっており今にも咲き出しそうなつぼみを沢山つけていました。

滝沢林道終点シャガの群生地

右手に沢が見えてきたところでやっとわかって来ましたがどうも尺里川の一本西側の沢に降りて来てしまったみたいです。ただ出発点から極端に離れているわけではないのでのんびり歩きながら出発点を目指します。

こんな感じで遅く起きた朝でも時間を気にせずのんびり歩ける高松山。多種多様な草花を探しながら歩くのもいいですね。また違う季節に歩いて見たくなる山ですね。

次の丹沢登山は新緑眩い櫟山・栗ノ木洞経由の鍋割山登山となります。↓

2014年4月 



>>前の記事 西丹沢 畦ヶ丸周遊登山 春(4月)
>>次の記事 櫟山・栗ノ木洞経由 鍋割山登山 春(4月)


関連記事

  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 夏(8月)

    ブナの大木に囲まれた西丹沢の名山として名高い檜洞丸(ひのきぼらまる)はかつては西丹沢の秘境と呼ばれていましたが今では深山の趣きは薄れ多くの登山者に親しまれて>>続きを読む

  • 西丹沢 畦ヶ丸周遊登山 春(4月)

    丹沢山塊の麓の町では桜が満開になった4月上旬、山の春を探しに西丹沢の畦ヶ丸に登りました。畦ヶ丸は東丹沢の名が知れた山々に比べるとマイナーな感じの山ではあり>>続きを読む

  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 春(5月)

    5月下旬の本日は西丹沢の名物となっている花々、トウゴクミツバツツジやシロヤシオの開花状況を確認する目的で檜洞丸に登るために丹沢湖に架かる永歳橋を渡りいつも>>続きを読む

  • 西丹沢 大室山・加入道山登山 秋 (9月)

    9月初旬の平日、今日はこの時期見頃のヤマトリカブトの花を見に群生地でもある大室山に向かいます。朝、天候を確認するとどんより曇り空。山には雲がかかっており>>続きを読む

  • PR


    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に>>続きを読む


  • 登山・山登りは筋肉にいいか?

    人の体は特に運動などをしなければ20代をピークとしていろいろな機能が衰えていくものです。例えば30歳以降にな>>続きを読む


  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報

    丹沢の魅力は沢山ありますが首都圏から近い事とアクセスの良さも大きな魅力の一つではないでしょうか。電車なら小>>続きを読む


  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策

    山登りは身体にいい。都会とは違って木々に囲まれた環境の中で適度な運動をするのだから身体に悪いはずはない。>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい塔ノ岳

    塔ノ岳は東京近郊からの日帰り登山にはちょうど良い距離と標高を兼ね揃えた山で天気の良い日には山頂から相模湾や>>続きを読む


  • 登る前に知っておきたい檜洞丸

    檜洞丸山頂は以前は空が見えないほどブナの大木で覆われていたが近年の立ち枯れの影響でだいぶ明るい山頂となって>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいい>>続きを読む



    丹沢の山々に登る

    春の丹沢登行記3月~5月

  • 大倉尾根から鍋割山 春 3月
  • 櫟山・栗ノ木洞経由 鍋割山登山 春 4月
  • 西丹沢 畦ヶ丸周遊登山 春 4月 
  • 西丹沢の前衛低山 高松山登山 春 4月
  • 大倉から西山林道を歩き櫟山へ 春 4月
  • 大倉尾根から塔ノ岳・丹沢山 春 4月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 春 5月
  • 大倉尾根から丹沢山 春 5月

  • 夏の丹沢登行記6月~8月

  • ヤビツ峠から大山登山 夏 6月
  • 日向薬師から大山登山 夏 6月
  • 大山ケーブルバス停から大山登山 夏 6月
  • 大倉から二俣経由 鍋割山登山 夏 6月
  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月
  • 天神尾根経由 塔ノ岳登山 夏 8月
  • 西丹沢自然教室から檜洞丸登山 夏 8月

  • 秋の丹沢登行記9月~11月

  • 大倉から丹沢山経由 蛭ケ岳登山 秋 9月
  • 西丹沢 大室山・加入道山登山 秋 9月
  • 三ノ塔尾根から塔ノ岳 秋 9月
  • ヤビツ峠から塔ノ岳 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 秋 10月
  • 大倉尾根から鍋割山 櫟山 秋 11月
  • 紅葉過ぎゆく大倉尾根から花立山荘 冬 12月
  • 登山・山登り用品と服装

  • 山登りの服装 シャツ編
  • 山登りの服装 上着編
  • 汗を上手に逃がすウェア選び
  • 山登りのザック選び
  • 登山の荷物と詰め方(バックパック)
  • ザックの詰め方 バックパック極意
  • 登山靴・トレッキングシューズ選び方
  • 山歩きに欠かせないレインウェア
  • 山登りの装備を揃える
  • 登山に使うトレッキングポール選び方
  • 登山・山登りをはじめる

  • はじめての登山はどこへ
  • レンタル登山装備で節約登山
  • 登山・山登り前に準備体操
  • 登山道の歩き方のコツ
  • 危険な道と悪天候での登山
  • 登山・山登りでの休憩の取り方
  • 登山での行動食の重要性
  • 登山での岩場や鎖場での歩き方
  • 登山でのアクシデント対処法

  • 山での擦り傷、切り傷の処置
  • 山での捻挫・骨折・打撲の処置
  • 山での足のつりや肉離れの処置
  • 山での便秘・下痢・食中毒の処置
  • 山での熱中症と低体温症の処置
  • 食中毒と急性アルコール中毒予防
  • 登山・山登りでの悪天候 雷
  • 山での自然現象対処法
  • 山歩きでのクマ対策
  • イノシシやサルなども危険
  • マムシ・ヤマカガシなどの蛇対処法
  • ハチ・アブなどの昆虫類の対処法
  • 丹沢登山とヒル対策
  • キャンプ・野営の基礎

  • テントの種類と構造
  • テントの選び方
  • タープの種類と選び方
  • 寝袋・スリーピングバック 種類と選び方
  • マットの種類と選び方
  • ハンモックやコットで休憩
  • キャンプテーブルの種類と選び方
  • キャンプチェアを選ぶときのポイント
  • クーラーボックスの大きさと構造
  • テント・タープの設営場所と設営法
  • 登山・山登りの疑問と雑学

  • 登山・山登りは健康にいいか?
  • 登山・山登りは筋肉にいいか?
  • 登山・山登りのストレス解消効果
  • 登山のアプローチと出発準備
  • 山登りサークル・仲間探しの方法
  • 山登りに大事な食事
  • 山登りのテント泊 テント選び
  • テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット
  • 山行スタイルで決める登山靴選び
  • 登山での調理器具 ストーブ選び
  • 登る前に知っておきたい秋の丹沢の怖さ
  • 下山後にやっておきたい筋肉痛対策
  • コース設定をする前に知っておきたい事
  • 登山前の情報収集と地図確認を怠るな
  • 丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識
  • 丹沢登山口周辺の駐車場情報