丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識 ~丹沢登山LIFE.com

丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識

   

丹沢登山LIFE.com

丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識

HOME>>山登りの疑問・雑学>>丹沢の紅葉を楽しむ為の豆知識

秋山登山の最大の魅力と言えばやっぱり紅葉に勝るものはないでしょう。歩きやすい気候の中、眩いばかりの紅葉を眺めながら歩く登山は清々しいものです。

丹沢山塊にもそんな紅葉を楽しめるスポットが沢山ありますので探しに出かけてみてはいかがでしょうか。ただ紅葉は気まぐれと言うか気分やと言うか素晴らしい紅葉に出会う事は意外と難しいもので秋の山に登れば必ず見られるというものでもありません。

ではどのような条件が揃うと素晴らしい紅葉に出会う事ができるのでしょうか。山々を赤や黄色に鮮やかに染める紅葉の仕組みからその紅葉に出会う為のコツなどを簡単にご紹介致します。

葉が赤や黄色に染まる理由

まずは紅葉の仕組みから考えてみましょう。紅葉の仕組みを理解する事により山々が色づきそうな時期をある程度予測する事も可能になります。一般的に紅葉は一日の気温差が大きくなると起こると言われており、日中は日差しが降り注ぎ暖かく、朝夕になると最低気温が5℃以下になると染まり出します。

その染まり方にも赤や黄色、紫がかった色合いなど様々ですが何故この様な色合いになるのかその仕組みを紐解いてみましょう。

葉にはクロロフィルと言われる緑色の色素が多く含まれる為、緑色に見えますが秋になり気温が下がりだすと落葉樹と言われている木々の葉のクロロフィルは活動が鈍り出し分解されてしまいます。

その為、春や夏にはクロロフィルによって隠されていたカロチノイドの黄色い色素が目立つ様になり、これが黄葉と言われるものになります。

さらに気温が下がると葉の付け根に離層と言われる栓の働きをするものを作り出し、葉で光合成によって作り出された糖はこの離層により枝に送られる事が出来なくなります。葉に溜まった糖は外的要因によりアントシアンと呼ばれる赤色の色素を持つ成分に変化し葉の赤みを増していきます。

これが葉が紅葉する仕組みとなりますのでこの仕組みが上手く機能するような気温差などを肌で感じ取りながら紅葉の時期を予測していくのも一つの手となります。

紅葉の当たり年と外れ年

紅葉には10年に一度の当たり年や外れ年などと言われる呼ばれ方がありますがこの当たり年、外れ年を左右するのが夏場や秋の天候や気温です。

葉が鮮やかな紅葉や黄葉に色づく為には葉でしっかり栄養分を溜め込む必要がありますがその活動を活発にする為には葉に傷などが無く状態がいい事が絶対条件であり、夏場に台風などが多く通過した地域などでは葉が傷みやすく傷んだ葉では活発な光合成活動に支障が現れる為にうまく栄養分を溜め込む事が出来なくなってしまいます。

夏場や初秋の天災から逃れられた葉は気温の低下とともに冬支度をはじめますがこの頃の天候もまた色付きに大きな影響を与えます。この時期に雨や曇りの日が続くと光合成が活発に行えない為に葉は不完全燃焼のまま冬を迎えることとなってしまいます。

しっかりと栄養を蓄える事の出来なかった葉は先に述べた仕組みから糖の量も少ない上に、アントシアンの生成にも支障をきたす結果となってしまい、これが俗に言う紅葉外れ年の要因となるのです。

紅葉の仕組みをご理解頂けましたら次はその紅葉の探し方ですがこれにはやはり事前の下調べに尽きると思います。インターネットなどでどの山に紅葉する木々が多いのか、どの登山道が紅葉を見やすいのかなどを調べておくと闇雲に探すよりは遥かに出会える可能性は高くなります。

さらにおすすめの方法は紅葉前に登られた山々で紅葉する木々の探して目星を付けておく方法です。その為には紅葉する葉がどの様な葉なのかと言った知識も多少は必要となってきます。

一般的に紅葉と言えばモミジやカエデが有名ですが意外と知られていないのがモミジとカエデの違いです。ここではそんなモミジとカエデの違いについて豆知識としてご紹介致します。

カエデとモミジの違い

カエデはカエデ科の樹木全般を指す言葉で正式な植物の名前として学術的にも使用される言葉です。カエデの語源は葉の形がカエルの手に似ている事から蛙手と言われそれが楓に変化したと言われています。

一方のモミジは漢字で紅葉と書く様に木々が赤や黄色に紅葉することや紅葉した葉を指す意味が本来あり、紅葉した葉は全てモミジと呼べますが中でもカエデ類の紅葉が美しい事からモミジと言えばカエデ類を指す事が一般的となりました。

さらにカエデ類の中でも特に紅葉が美しいイロハモミジ、オオモミジ、ヤマモミジには木の名前にモミジの語源が付いておりこれらを特にモミジと呼び、その他のカエデ類をカエデと呼ぶようになりました。

山で見られるカエデの種類

イロハモミジ

本州以西の山地に生える小高木で庭先や公園でも見かけるモミジでイロハモミジの葉は周囲にギザギザの切れ込みがありカエデ類では一番小さく繊細な感じが特徴です。

オオモミジ

オオモミジも日本各地の山地に生える小高木でイロハモミジに比べギザギザの切れ込みは細かく、葉が大きいのが特徴です。

ヤマモミジ

ヤマモミジはオオモミジの変種とされており、イロハモミジに似た形状を保ちながらオオモミジの大きさを備えたモミジと言えます。

コハウチワカエデ

本州から九州の山地に生える高木で山で見られる代表種とも言われています。葉は7から9つに裂け周囲にギザギザがあるのが特徴で他のカエデ類に比べて柄が長くなっています。

ハウチワカエデ

北海道から本州の山地に生える小高木で葉は天狗の団扇を連想させるような形状で切れ込みが浅く手の平で表せば指が短く手の平が広いイメージになります。葉は9から11つ程に裂け、柄が短いのもこの種の特徴となります。

イタヤカエデ

日本各地の山地に生える高木で黄葉するカエデの代表種です。葉は5から7つに裂けますが丸みがあり、周囲にはギザギザはありません。

この他にもカエデの仲間には数種類ありますが一般的にはカエデとまとめて呼ばれる事が多いのであまり知られてはいませんが紅葉を見つけたらどの種のカエデなのか調べてみるのも面白いかもしれません。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    関連記事

  • 登山・山登りは健康にいいか?

    一歩一歩地面を踏みしめるようにして進むトレッキングは速度にして通勤時の半分くらいのスピードですが20分~30分歩くうちに息は弾み、汗もじわりとかいてきます>>続きを読む

  • 登山・山登りは筋肉にいいか?

    人の体は特に運動などをしなければ20代をピークとしていろいろな機能が衰えていくものです。例えば30歳以降になると10歳年齢を重ねるごとに体力は5~10%低下すると>>続きを読む

  • 登山・山登りのストレス解消効果

    普段寝起きの悪い人でも早朝にベットから起きて身支度をし、エネルギーを確保するために朝食をしっかり食べ、早々に家を出て太陽の光をたっぷり浴びる。トレッキングに出か>>続きを読む

  • 登山のアプローチと出発準備

    準備万端に整えて待ちに待った山登りの日。まだ見ぬ風景や山頂からのパノラマ、今夜宿泊する山小屋のことなどあれこれ描きながら登山口へ向かう道中のひと時もまた楽しいもの>>続きを読む

  • 山登りサークル・仲間探しの方法

    山歩きをはじめるには一人でやるよりも仲間や先生役を探すほうがいいでしょう。それには山歩きのサークルに入ったり、ツアー登山やガイド登山に参加する方法や経験者の友人>>続きを読む

  • 山登りに大事な食事

    山登りの場合、朝食は大切です。これからはじまる山歩きの一日を支えるわけですからきちんと朝食をとりましょう。普段から食べていないと急に体が受け付けないので普段の>>続きを読む

  • 山登りのテント泊 テント選び

    山小屋泊まりの登山もそれはそれで素晴らしい魅力がありますが本当の大自然の中に自分達だけの静かな時間、少し顔を出せば満点の星空、そんなテント泊の魅力にいつかは>>続きを読む

  • テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット

    日帰り登山や山小屋泊まりしか経験のない登山者にとってテント泊はちょっとした憧れや一年に一度のイベントになるかもしれません。テント泊登山では当然テントで一夜を>>続きを読む

  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は自身の趣味>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ