登山での調理器具 ストーブ選び ~丹沢登山LIFE.com

登山での調理器具 ストーブ選び

   

丹沢登山LIFE.com

登山での調理器具 ストーブ選び

HOME>>山登りの疑問・雑学>>登山での調理器具 ストーブ選び

登山での楽しみの一つに見晴らしのいい場所でのコーヒータイムや食事があります。山の中でちょっとお湯を沸かしたい時や簡単な料理を作る時に必要となってくるのがストーブになりますがそんなストーブはメーカーによって多種多様で使う燃料の種類によっても扱い方が変わってくるもので最も一般的なストーブはOD缶を使用するタイプのストーブになります。  ※OD缶とはアウトドアの略になります。

入門機種として扱いやすいOD缶タイプのガスカートリッジ

OD缶一体型ストーブ

OD缶を使用するタイプのストーブは専用のカートリッジに入っている液体ガスが外気温で気化することで火を得られる仕組みでノズルを回すだけで着火できるという扱い安さが人気の理由になっているようです。OD缶などのガスカートリッジはその性質上、使う場所の気温にあわせたカートリッジを選ばなければなりません。

例えば夏の低山などの気温が高めな場所で使用する場合にはノーマルタイプのものを北アルプスの稜線上や富士山など夏でも寒くなる場合や雪山では寒冷地用を選ぶようにします。寒冷地用のものはマイナス0.5℃以上で気化するノーマルブタンガスにマイナス42℃以上で気化するプロパンガスを混合したり、カートリッジ自体の吸熱面積を広げたりするなどの工夫がされているものがあります。

寒さに強いガソリンストーブ

ガスカートリッジの次に人気が高いのがガソリンを燃料とするタイプのストーブです。ガソリンストーブは熱を使って燃料を気化させて始めて燃焼する為、着火までにはプレヒートと言われる作業が必要となりますがストーブが生み出す熱で燃料を気化できる分寒さに強く、また、ガスと違い海外でも燃料を入手しやすいというメリットもあります。

形状と機能性から選ぶストーブ

高効率型ストーブ

ジェットボイル

高効率型ストーブとは特に燃料効率に優れたモデルのストーブでヒートエクスチェンジャーとも呼ばれる専用クッカーと風防ストーブからできており、より少ない燃料でスピーディーな調理が可能なのが特徴です。

ジェットボイルSOLなどの商品がこのタイプになりOD缶を燃料とし、最大出力1512kcal/h、パッキングサイズ165×104mm、重量340g、点火装置付きといった仕様になっています。

ジェットボイルSOLは専用の保温クッカーと燃焼効率の高いストーブがセットになっており、専用クッカーの底にあるフラックスリングが抜群の燃焼効率を実現しカタログデータでは0.5ℓを沸騰させるまでの時間は約2分15秒となっています。またクッカーの側面にも工夫がされておりネオプレン製のカバーで覆われている為断熱性が高く調理中でもクッカーを素手で扱う事ができます。

ジェットボイルをamazonで購入
ジェットボイルを楽天で購入


OD缶一体型ストーブ

OD缶一体型ストーブ

OD缶一体型ストーブは各社から販売されている種類が豊富なためアウトドアスタイルにあったものを選びやすく、少人数や軽さを求めるのであれば小型軽量モデルを選び、数人のパーティで大きいクッカーを使うような時にはゴトクが大きいモデルを選ぶような使い分けが可能です。

OD缶一体型ストーブでメジャーな商品がソト SOD-300などで最大出力2800kcal/h、本体サイズH86×D94×W52mm、重量73g、点火装置付きといった仕様になっています。ソト SOD-300は液体ガスの気化低下を防ぐマイクロレギュレータにより、外気温や液体ガスの残量に影響されにくく安定した火力を得られるような工夫がされているほか、その独自構造により点火装置付きでありながらわずか73gといった軽量ボディーが海外での評価も高く数々の賞を受けています。

SOD-300をamazonで購入
SOD-300を楽天で購入


OD缶分離型ストーブ

OD缶分離型ストーブ

OD缶分離型ストーブの長所はクッカーを載せた際の安定感と操作のしやすさでグループ登山などの食事を作るのに向いています。短所は一体型に比べ軽量コンパクトさに欠ける面がありますが最近の分離型ストーブは脚部やゴトク部分を肉抜きするなどの工夫で軽量化されたものもあり分離型ストーブの短所をカバーしたものもあります。

プリムス ウルトラスパイダーストーブなどは最大出力3000kcal/h、本体サイズH100×168mm、パッキングサイズH100×D35×W93mm、重量178g、点火装置付きといった仕様になっており、携帯に便利なセミハードケースが付属されていますので一体型ストーブに近い軽量コンパクトなものとなっています。

PRIMUS シングルバーナー ウルトラ・スパイダーストーブをamazonで購入
プリムス ウルトラ スパイダーストーブを楽天で購入


カセットガス燃料型ストーブ

カセットガス燃料型ストーブ

カセットガス燃料型ストーブはOD缶を使用するタイプに比べ山に近い場所ならコンビニやスーパーでも入手が可能なので燃料の入手しやすさと低コストがメリットとなっています。以前はカセットガス燃料=寒さや低温に弱いが常識でしたが最近のものはマイクロレギュレータなどで火力低下を防止する機能などを装備し短所をカバーしているものもあります。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    関連記事

  • 登山・山登りは健康にいいか?

    一歩一歩地面を踏みしめるようにして進むトレッキングは速度にして通勤時の半分くらいのスピードですが20分~30分歩くうちに息は弾み、汗もじわりとかいてきます>>続きを読む

  • 登山・山登りは筋肉にいいか?

    人の体は特に運動などをしなければ20代をピークとしていろいろな機能が衰えていくものです。例えば30歳以降になると10歳年齢を重ねるごとに体力は5~10%低下すると>>続きを読む

  • 登山・山登りのストレス解消効果

    普段寝起きの悪い人でも早朝にベットから起きて身支度をし、エネルギーを確保するために朝食をしっかり食べ、早々に家を出て太陽の光をたっぷり浴びる。トレッキングに出か>>続きを読む

  • 登山のアプローチと出発準備

    準備万端に整えて待ちに待った山登りの日。まだ見ぬ風景や山頂からのパノラマ、今夜宿泊する山小屋のことなどあれこれ描きながら登山口へ向かう道中のひと時もまた楽しいもの>>続きを読む

  • 山登りサークル・仲間探しの方法

    山歩きをはじめるには一人でやるよりも仲間や先生役を探すほうがいいでしょう。それには山歩きのサークルに入ったり、ツアー登山やガイド登山に参加する方法や経験者の友人>>続きを読む

  • 山登りに大事な食事

    山登りの場合、朝食は大切です。これからはじまる山歩きの一日を支えるわけですからきちんと朝食をとりましょう。普段から食べていないと急に体が受け付けないので普段の>>続きを読む

  • 山登りのテント泊 テント選び

    山小屋泊まりの登山もそれはそれで素晴らしい魅力がありますが本当の大自然の中に自分達だけの静かな時間、少し顔を出せば満点の星空、そんなテント泊の魅力にいつかは>>続きを読む

  • テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット

    日帰り登山や山小屋泊まりしか経験のない登山者にとってテント泊はちょっとした憧れや一年に一度のイベントになるかもしれません。テント泊登山では当然テントで一夜を>>続きを読む

  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は自身の趣味>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ