登山での熱中症と低体温症の処置 ~丹沢登山LIFE.com

登山での熱中症と低体温症の処置

   

丹沢登山LIFE.com

登山での熱中症と低体温症の処置

HOME>>登山でのアクシデント対処法>>登山での熱中症と低体温症の処置

熱中症と脱水症状

熱中症とは気温や湿度が高いなかで体を動かした際に体内の冷却が追い付かずに体熱が上がったままになった状態をいいます。熱中症の症状が現れた際には十分に水分と休憩をとるようにしましょう。特に山歩きではお互いの顔色や疲労度をチェックしあうようにしましょう。

軽症は疲労と似た症状ですが重症になると顔色は青白く汗ばんできます。肌が冷たくなる場合もありますので様子がおかしいときは体温の確認もしてみましょう。進行すると体温は40度を超え、意識障害やけいれんなどが起こり生命の危機となることがあります。

軽症のうちにはやめに休憩をとり安静にすることが大事です。脱水症状は運動などによって失われた水分が補いきれずに起こる症状で重症になると意識障害や血圧の低下、下痢、嘔吐などが起きることもあります。

季節や天候を問わず十分に水分を取るようにしましょう。山歩きなどではザックの中にホースつきの専用水筒をいれ歩きながらこまめに水分補給できるようにしておくといいでしょう。

夏でも起こる低体温症とは

低体温症は冬に限らず夏でも起こるもので悪天の高山や標高の高い地域の川は要注意です。雪渓が直接流れ込むような川は水着だけで遊ぶことはできないくらいです。

アウトドアで低体温症をおこす原因は3つあり、低温、濡れ、風です。低温とは山の寒い環境で薄着であったり、長時間川で遊んで冷えることなどが原因となります。濡れは山歩きやキャンプで汗で衣類が濡れたままであったり、雨の中歩いて衣類が濡れてしまうなどがあります。風は高山の稜線で樹木など遮るものがなくなった地域でとくに影響を受けやすくなります。風は体温を奪い、実際の気温よりも体感温度は低くなります。また衣類が濡れている場合はあっというまに体が冷えてしまいます。

初期段階での対応が重要

初期症状は強い疲労感と周囲への無関心、記憶力低下などに陥ります。重症になるとふらふらとしてまっすぐ歩けなくなりやがて立つこともできなくなります。体が震えているうちは自分の力で熱を作り出して体を温めようと努力しているのですが体温が32度を下回ると震えも止まり、自力では熱を作り出せなくなり、生命の危機となります。初期段階での対応が重要と言えます。

日当たりの良い場所、風を遮るテントの中などで横にならせ、衣類をたくさん着せます。寝袋などがあれば寝袋を使用するのも効果的です。砂糖をたくさん入れた温かい飲み物などを与え内部からも体を温めます。カフェイン、ニコチン、アルコールは熱を奪うので厳禁です。重症の場合は救助を呼び病院へ搬送するようにしてください。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    >>前の記事 登山での便秘・下痢・食中毒の処置
    >>次の記事 食中毒と急性アルコール中毒予防

    関連記事

  • 登山での擦り傷、切り傷の処置

    山登りで一番多い怪我は言わずと知れた擦りキズ、切り傷です。たいした傷でないとついそのままにしてしまいがちですが野外での傷はバイ菌が入りやすいので消毒をして手当て>>続きを読む

  • 登山での捻挫・骨折・打撲の処置

    アウトドアで擦りキズ、切り傷の次に多いのが転倒、滑落、転落事故などによって伴う捻挫や骨折、打撲などになります。このような事故によって起こる症状では骨が折れているか>>続きを読む

  • 登山での足のつりや肉離れの処置

    足がつるのはミネラル、水分の不足や疲労が原因とされています。スポーツをしていると汗をかき水分や塩分不足になりやすいのでこまめに摂取するようにこころがけましょう。>>続きを読む

  • 登山での便秘・下痢・食中毒の処置

    便秘や下痢の原因の一つはストレスと言われています。山登りの場合でも仕事などのストレスとは違い環境の変化によるストレスで下痢や便秘になる人も多いようです。>>続きを読む

  • 食中毒と急性アルコール中毒予防

    キャンプの醍醐味である食事では家庭での料理と違いアウトドアに食材を持ち出すという行為をおこなう以上、食材の保管には細心の注意を払わなければなりません。特にキャンプ>>続きを読む

  • 登山・山登りでの悪天候 雷

    山には街中に比べてはるかに多くの危険が存在します。大雨や雷、霧などの悪天候、落石や雪崩、鉄砲水などの自然現象、クマ、サル、イノシシ、毒蛇などの動物やハチなどの昆虫>>続きを読む

  • 山での自然現象対処法

    鉄砲水は沢登りなどをする人の中には混同して使っている人もいますがただの増水とは違い、鉄砲水がでるのは雨が降っているときばかりとは限りません。鉄砲水の語源は木材など>>続きを読む

  • アウトドア・登山でのクマ対策

    山では悪天候や自然現象のほかに生物による被害も考えられます。特に最近は山奥の開発や天候不順などによりエサ不足のためか凶暴化する例が増えており、登山者が襲われる事故>>続きを読む

  • イノシシやサルなども危険

    イノシシは山地の森林に生息します。体重は通常100kg程度ですが中には200kg近い大物もおり、大型のものは背中が小山のように盛り上がります。イノシシは多産で春先に>>続きを読む

  • マムシ・ヤマカガシなどの蛇対処法

    体は小さいのですが毒蛇も山で出会う動物の中では怖い存在です。山の中ではすぐに手当てをすることができないので普段以上に細心の注意を払う必要がありますし、手当の仕方も>>続きを読む

  • ハチ・アブなどの昆虫類の対処法

    アウトドアや山歩きは自然に溶け込み楽しむ醍醐味がありますが自然は人間のものだけではありませんので多くの生物と共存しなければなりません。そんな中ここでは一般的に昆虫>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ