マットの種類と選び方 ~丹沢登山LIFE.com

マットの種類と選び方

   

丹沢登山LIFE.com

マットの種類と選び方

HOME>>キャンプ・野営の知識>>マットの種類と選び方

安眠のためのマットの役割

キャンプなどの屋外で寝るために寝袋・スリーピングバックが必要なことはほとんどの人が知っていることですがスリーピングバックと同じように、あるいはそれ以上にマットが大事なことはさほど知られていないようです。おろそかにされがちなマットの価値を再認識し、快適に眠れるマットを選べばキャンプの楽しさも違ってくるかもしれません。

キャンプで布団にあたるものがスリーピングバックであり、どんな種類のものがあるのかについては先にも説明しましたのでここではスリーピングバックに比べてあまり注目されることがなく、軽視されがちなマットについて説明いたします。

テントの中でもスリーピングバックが家の布団にあたるならばマットはベットにあたるものと考えてください。試しにマットなしでテントの中で寝てみると季節にもよりますがかなりいいスリーピングバックを使用していても寒くて夜中に何度も目が覚めるか、あるいは眠れないに違いありません。

その理由は地面からの冷気が想像以上に厳しいからであり、地面は空気に比べて熱を伝えやすく温度が容易に変化するからです。つまり夜になるとテントの中の空気は暖かくても地面の温度はどんどん下がっていき、マットがないとスリーピングバックと地面の間にはテントの床にあたるナイロン生地一枚があるだけでナイロン生地には断熱効果はないので地面が冷えるにしたがってその上にあるスリーピングバックや人間の体温がどんどん奪われてしまいます。

ましてやウィンターキャンプともなれば床の下はすぐ雪ですので断熱材なしでどのくらい寒いのかは容易に想像がつくことだとおもいます。これがテントの床とスリーピングバックの間にマットが一枚あることでまったく事情は変わってきます。マットにはいろいろな種類がありますが基本的には空気の層を使って断熱するようになっているので地面の温度が下がってもマットの上の熱は奪われず温かい状態で眠ることができます。このマットの効果は想像以上のものなので機会があったら一度マット無で眠って比較してみてください。きっとマットの重要性を再認識することでしょう。

またマットはクッションの役割もあり、地面が草地やきれいに整地された場所ならともかく、小石がごろごろしているような場所ではなかなか安眠ができませんので厚めの柔らかいマットがあれば多少の凹凸はマットが吸収してくれます。

このようにマットには断熱とクッション効果という安眠には欠かせない役目があるのでマットを選ぶこともスリーピングバックを選ぶとき同様に大切なことです。

寝袋・スリーピングバック 種類と選び方

マットの種類

キャンプ用品店にいくとスリーピングバックとともにたくさんのマットが並べられています。ちょっと見たところではどれも快適そうに見えますが実際に使用してみるとなにかと問題のあるものもあるようです。マットはそれほど高価なものではないですがそれでも何度も買い替えるのは手間もかかるしお金もかかります。季節に応じて何種類もそろえる必要はないのでできれば納得のいくものを最初から購入するようにしたいものです。

たくさんの種類があるように見えるマットですが大まかに分けてしまうと二つの種類に分けることができ、一つはウレタンなどの断熱材とクッション性を備えた素材を使用した厚手のものでもう一つは使う際に中に空気を入れるようになっているエアーマットタイプのものです。どちらも現在出回っているものは断熱にしろクッション性にしろほとんど問題はないとおもっていいでしょう。どちらかというと問題になるのは使うときよりも使わないときの収納性で、大きな車を使うオートキャンプなら問題ありませんがそうでなければ運ぶ際のことを考えて選ぶ必要があります。

ウレタンのマットはキャンプに行って広げればそのまま使えるし、使い終わったら丸めてたたんでしまえばいいので手間があまりかかりませんがかさばるという点ではデメリットと言えるでしょう。バックパッキングのときにはザックの外側に取り付けて運ぶことが多くなり、藪の中を歩くときなどにマットがかなり傷つくことは避けらなないことです。

エアーマットは使用するときに空気をいれなければいけないので大きなマットだと結構手間なので肺活量に自信のない人はつらいかもしれません。その代わり使わないときには小さくたたんでしまっておくことができる面がメリットでもあります。マットの長さは全身用、半身用、4分の3の3タイプがあり、これも自分の条件にあわせて選ぶようにしましょう。荷物を極力減らしたいのであれば半身用を上半身のほうに使って足の部分は余った荷物を敷けば十分実用になります。余裕があれば全身用のほうが快適に過ごせることは言うまでもありません。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    関連記事

  • テントの種類と構造

    テントにはどのような種類のものがあるのでしょうか?テントには携帯性を重視して極限まで軽くしたタイプのものから居住性を重視した大型のものまで形状も大きさも実に>>続きを読む

  • テントの選び方

    テントと寝袋はキャンプ用具選びの中でも最も手を抜けないアイテムです。特にテントはアウトドアにおける家に相当する重要なものですし、値も張るので簡単に買い替える>>続きを読む

  • タープの種類と選び方

    アウトドアでは自然の中で太陽の光をいっぱいに浴びながら動き回る楽しさがありますが家族や会社でのアウトドアライフでは女性が日焼けを気にすることも事実で、ちょっと>>続きを読む

  • 寝袋・スリーピングバック 種類と選び方

    キャンプで眠る際に必要不可欠なものがスリーピングバックいわゆる寝袋です。ただひとくちにスリーピングバックと言っても使用する条件にあうようにいろいろな種類の>>続きを読む

  • ハンモックやコットで休憩

    アウトドア ライフにおいて必ず必要な道具ではありませんがハンモックやコットというアイテムもアウトドアライフを居心地のいいものにしてくれることは間違いありません。>>続きを読む

  • キャンプテーブルの種類と選び方

    アウトドアでのキャンプやバーベキューといった楽しみの中に快適なリビングスペースを作り出すうえで欠かせないのがキャンプテーブルです。最近は組み立てやすく収納にも>>続きを読む

  • キャンプチェアを選ぶときのポイント

    キャンプ用チェアの共通点は第一に折りたためるということ、折りたたみ式といえば学校の体育館や会社の会議室で使うようなチェアが一般的ですがキャンプ用のチェアも同じ>>続きを読む

  • クーラーボックスの大きさと構造

    アウトドア、キャンプにおいて欠かせない冷蔵庫の役割を果たすのがクーラーボックスです。クーラーボックスといってもほとんどのものは単に保冷(断熱)効果を持たせただけ>>続きを読む

  • テント・タープの設営場所と設営法

    楽しくて安全、快適なキャンプ生活は安全で適切な設営場所を選ぶことからはじまります。天候の変化を考え、天候が悪化したときのことを想像して設営場所を選ぶようにし>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ