テントの選び方 ~丹沢登山LIFE.com

テントの選び方

   

丹沢登山LIFE.com

テントの選び方

HOME>>キャンプ・野営の知識>>テントの選び方

テントと寝袋はキャンプ用具選びの中でも最も手を抜けないアイテムです。特にテントはアウトドアにおける家に相当する重要なものですし、値も張るので簡単に買い替えることもできません。よってここではテント選びで失敗しないためにはどのような点に注意すればいいのかを説明いたします。

テントをはじめて購入する方のためにどのくらいの大きさのテントがいいのか、設営しやすいのはどのようなタイプのテントなのかなどを順番に考えていきましょう。

テントのサイズ表示と人数

まずは大きさはどの程度のものがいいのでしょうか。当然、使用する人数にあわせてサイズを考える必要があります。その際に注意したいのがテントの使用人数の表示です。同じ人数表示でも山岳用テントなどでは表示人数でもかなりきつめになることが多くぎゅうぎゅう状態になりますがオートキャンプ用のテントではかなり余裕のある設計になっていることが多いです。

テントを購入する際にはショップで実際に中に入って大きさを実感したほうがいいのですがもしテントに入ることができなければ床の寸法や高さをチェックしましょう。床のサイズは1人用で幅が最低80センチで100センチ前後ならゆったりと感じるほうです。人数が2人、3人と増えれば小柄な人なら1人当たり最低60~80センチあればゆとりは十分で高さは一人用でも最低100センチはないと座っているのが苦しいことになります。

テント設営の考え

次は設営のしやすさですがテントはとにかく設営が簡単なほうがいいに越したことはありません。早さと簡単さを追求するならクロスフレームに勝るものはありません。とくにスリーブ式で末端が袋とじになっているタイプは一人でも確実に素早く設営することができます。

スリーブ式とはポールをテントに差し込む部分がスリーブ状になっているタイプのものでこれに対して最初にポールを立ち上げてからそのポールにテント本体についたフックを引っ掛けて設営するタイプは吊り下げ式と呼ばれています。

しかし比較的小さなテントならスリーブ式の設営は簡単ですが4~5人用以上の大きさになるとポールの抜き差しが面倒くさく全体にかなりのテンションがかかるため立ちあげる際にポールの一端がなかなかはまらずに苦労することもあります。こうした大きいサイズのテントの場合はつり下げ式のほうが設営がしやすいこともあります。

テントの設営環境と防水性

テントを購入する際はそのテントをどのような場所で使用するのかを考慮する必要もあります。高温多湿の日本では防水性・通気性の高いテントを選ぶ必要もあり、テントのグランドシートとフライシートの防水性はとくに重要で縫い目からの水の侵入を防ぐシームシーリング加工が施されたものがいいでしょう。グランドシートは地面から水が侵入しにくく、袋状に立ちあがって縫製されたものを選ぶといいでしょう。

また前室はなるべく広いものを選ぶのもコツで雨天のときの出入りで雨が侵入しにくく、シューズやバーナーなども前室に入れておけるので濡れずに助かります。アメリカ製のテントの中には前室がほとんどなくグランドシートが立ちあがっていないうえ、縫い目がシームシーリング加工されていないものもあります。雨のほとんど降らないアメリカのキャンプ場では防水性はほとんど重視されないようです。しかし日本で使用する以上は防水性がしっかりしていないテントはほとんど使い物にならないと言えます。

テントの収納サイズ

テントの収納時の大きさも重要で、オートキャンプならどんな大きさでもいいでしょうがロッジ型テントのなかには本体とポールの総重量が30キログラムもあるような巨大テントがあり、一人で持ち運ぶには大変苦労します。これは極端な例ですが実際に使用状態が同じような大きさのテントでも収納時の大きさにはかなりの違いがあることがあります。車で運ぶ場合でも小さいに越したことはないですし、コンパクトなテントはトレッキングなどでも利用できますのでお勧めです。

最後に値段についてで、テントのなかには数千円程度で売られているものもありますが生地やポールの素材、縫製などに安さのつけが回ってきます。ポールひとつとってみてもしっかりとしたモデルなら軽くて折れにくく、折れても破断面が鋭利にならずテント本体を傷つけないような素材を使用しています。またポールの交換などのアフターサービスも万全ですが安物はその点が不安です。何年も使用するテントですので多少高くてもいいものを購入し長く愛用したいものです。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    関連記事

  • テントの種類と構造

    テントにはどのような種類のものがあるのでしょうか?テントには携帯性を重視して極限まで軽くしたタイプのものから居住性を重視した大型のものまで形状も大きさも実に>>続きを読む

  • タープの種類と選び方

    アウトドアでは自然の中で太陽の光をいっぱいに浴びながら動き回る楽しさがありますが家族や会社でのアウトドアライフでは女性が日焼けを気にすることも事実で、ちょっと>>続きを読む

  • 寝袋・スリーピングバック 種類と選び方

    キャンプで眠る際に必要不可欠なものがスリーピングバックいわゆる寝袋です。ただひとくちにスリーピングバックと言っても使用する条件にあうようにいろいろな種類の>>続きを読む

  • マットの種類と選び方

    キャンプなどの屋外で寝るために寝袋・スリーピングバックが必要なことはほとんどの人が知っていることですがスリーピングバックと同じように、あるいはそれ以上にマットが>>続きを読む

  • ハンモックやコットで休憩

    アウトドア ライフにおいて必ず必要な道具ではありませんがハンモックやコットというアイテムもアウトドアライフを居心地のいいものにしてくれることは間違いありません。>>続きを読む

  • キャンプテーブルの種類と選び方

    アウトドアでのキャンプやバーベキューといった楽しみの中に快適なリビングスペースを作り出すうえで欠かせないのがキャンプテーブルです。最近は組み立てやすく収納にも>>続きを読む

  • キャンプチェアを選ぶときのポイント

    キャンプ用チェアの共通点は第一に折りたためるということ、折りたたみ式といえば学校の体育館や会社の会議室で使うようなチェアが一般的ですがキャンプ用のチェアも同じ>>続きを読む

  • クーラーボックスの大きさと構造

    アウトドア、キャンプにおいて欠かせない冷蔵庫の役割を果たすのがクーラーボックスです。クーラーボックスといってもほとんどのものは単に保冷(断熱)効果を持たせただけ>>続きを読む

  • テント・タープの設営場所と設営法

    楽しくて安全、快適なキャンプ生活は安全で適切な設営場所を選ぶことからはじまります。天候の変化を考え、天候が悪化したときのことを想像して設営場所を選ぶようにし>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ