テント・タープの設営場所と設営法 ~丹沢登山LIFE.com

テント・タープの設営場所と設営法

   

丹沢登山LIFE.com

テント・タープの設営場所と設営法

HOME>>キャンプ・野営の知識>>テント・タープの設営場所と設営法

テント・タープの設営場所選び

楽しくて安全、快適なキャンプ生活は安全で適切な設営場所を選ぶことからはじまります。天候の変化を考え、天候が悪化したときのことを想像して設営場所を選ぶようにしましょう。

キャンプ場の多くは設営場所が決まっているので指示された場所に設営しますがもしキャンプをする場所を選べるのであれば自分の好みの場所を選びたいものです。指定場所は安全であることが前提なのであとは自分の好み次第で夏の日差しが暑い時期であれば樹林のなかは涼しく過ごせますし、春秋で日だまりが欲しければ空が開けた場所がいいでしょう。眺めも重要な要素となっているので山や湖などいい景色が望める場所を見つけるのも設営の楽しみです。

場所が指定されない場合は好み以外にその場所の安全性と快適性について考える必要があります。快適であるかどうかはテントやタープを設営する地面が平坦であるかどうかが重要でたった一晩寝るだけといって妥協してしまうと傾いた斜面や足元が下がった状態では寝苦しくなり快適な安眠の妨げとなってしまいます。

また石や木の根などででこぼこしていないかもチェックが必要でできるのであれば設営前に石は取り除くべきです。特に雨天が予想されるときは水はけのよい場所、高台などを選ぶようにしましょう。当然のことながら水は高いほうから低いほうへ向かって流れますので中州でのキャンプはいかなる天候でも絶対に避けるようにしてください。河原についても場所選びには相応の知識と経験を要するので初心者の方は避けるようにしてください。特に沢などでは鉄砲水などの急な増水も考えられますので危険です。

他には斜面のすぐそばは落石の危険がないかどうかなどを確認する必要がありますし、沢の出合いのような地形は広々とし、ついのんびりしたくなるようですが出合いに転がっている石はすべて目の前の沢から落ちてきたものであることを認識しましょう。

テントの設営方法

テントの設営場所が決まったら次は正しい方法で確実に設営することが求められます。テントもタープも設営の基本的な方法や注意点は同じですのでここではテントの設営方法について説明いたします。最初にテント本体、フライ(テントの上にかけるカバー)、ポール(テントの支柱)、ペグ(張り縄などを地面に固定するくい)を準備します。テントを設営する際にはテントだけではなくテントが入っていた袋が飛ばされないように注意し、石などで押えておくようにしてください。

まず最初に決めることはテントの向きですが入口をどちらに向けるかはかなり重要なことで周囲のテントと距離が近い場合はお互いのプライバシーが守れるように配慮したいものです。また入口から見える景色などもできれば考慮したいですが優先するのは風下にすることです。入口を風上に向けてしまうと風の影響をまともに受けてしまうことになります。

張り縄の向きに注意

テントの向きが決まったら順番に設営していきますが張り縄の固定がテントの強度を決める重要ポイントになります。張り縄の四隅の固定はテントの骨格となるポールのラインからまっすぐの位置に張るようにしてください。この方向によってはテントの強度が必要以上に弱くなってしまうこともあります。

張り縄の固定にはペグを使用しますが丈夫な樹木などがあればそれらに縛り付けてもいいでしょう。ひとまず緩めに固定できたら最後に調整しながら張り縄がピンとなるようにしていきます。フライも同様の方法で張るようにします。設営が終わったら中にテントシートを敷き、荷物などを入れていよいよキャンプ生活のはじまりです。しかし一度設営し終わったからといって安心しきってはいけません。風やそのほかの影響で張り縄が緩んでしまうこともありますので1日に数回はチェックするようにしてください。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    関連記事

  • テントの種類と構造

    テントにはどのような種類のものがあるのでしょうか?テントには携帯性を重視して極限まで軽くしたタイプのものから居住性を重視した大型のものまで形状も大きさも実に>>続きを読む

  • テントの選び方

    テントと寝袋はキャンプ用具選びの中でも最も手を抜けないアイテムです。特にテントはアウトドアにおける家に相当する重要なものですし、値も張るので簡単に買い替える>>続きを読む

  • タープの種類と選び方

    アウトドアでは自然の中で太陽の光をいっぱいに浴びながら動き回る楽しさがありますが家族や会社でのアウトドアライフでは女性が日焼けを気にすることも事実で、ちょっと>>続きを読む

  • 寝袋・スリーピングバック 種類と選び方

    キャンプで眠る際に必要不可欠なものがスリーピングバックいわゆる寝袋です。ただひとくちにスリーピングバックと言っても使用する条件にあうようにいろいろな種類の>>続きを読む

  • マットの種類と選び方

    キャンプなどの屋外で寝るために寝袋・スリーピングバックが必要なことはほとんどの人が知っていることですがスリーピングバックと同じように、あるいはそれ以上にマットが>>続きを読む

  • ハンモックやコットで休憩

    アウトドア ライフにおいて必ず必要な道具ではありませんがハンモックやコットというアイテムもアウトドアライフを居心地のいいものにしてくれることは間違いありません。>>続きを読む

  • キャンプテーブルの種類と選び方

    アウトドアでのキャンプやバーベキューといった楽しみの中に快適なリビングスペースを作り出すうえで欠かせないのがキャンプテーブルです。最近は組み立てやすく収納にも>>続きを読む

  • キャンプチェアを選ぶときのポイント

    キャンプ用チェアの共通点は第一に折りたためるということ、折りたたみ式といえば学校の体育館や会社の会議室で使うようなチェアが一般的ですがキャンプ用のチェアも同じ>>続きを読む

  • クーラーボックスの大きさと構造

    アウトドア、キャンプにおいて欠かせない冷蔵庫の役割を果たすのがクーラーボックスです。クーラーボックスといってもほとんどのものは単に保冷(断熱)効果を持たせただけ>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ