ザックの詰め方 バックパック極意 ~丹沢登山LIFE.com

ザックの詰め方 バックパック極意

   

丹沢登山LIFE.com

ザックの詰め方 バックパック極意

HOME>>登山・山登り用品と装備>>ザックの詰め方 バックパック極意

パッキングとは装備類をザックに詰めることですがただ詰め込めばいいというものではありません。頻繁に使う装備はすぐに取り出せる場所、破損したりほかの装備を傷つけやすいものはそれなりの保護をしたうえで入れる必要があります。

また重いものを上下どちらに入れるかでバランスや疲れ方が違ってくるものでパッキングを見ればその人がベテランか初心者かわかってしまうほどです。

細かいものはスタッフバックへ

ザックから装備を取り出すときに一つ一つがバラバラに入っていると大変取り出しにくいものです。もし小さなものがザックの下のほうに紛れ込んでしまったら必要のないものまでひっくり返して探さなければならなくなりますし、下手をすると探している間に風で飛ばされるなどして装備を紛失する可能性もあります。したがって同時に使用するものは1つのスタッフバックにまとめておくようにしましょう。例えばクッカーグループの場合、風防や安定板は薄くて硬いのでほかのものを傷つけるおそれがありますのでこういったものはゴアテックス製など少し厚みのあるスタッフバックを使うほうがいいでしょう。

重いものは背中寄り

あれもこれもと詰め込んでいるうちに気がついたら目いっぱい上伸びして頭上高くに飛び出すようなザックになってしまっていたということがよくあります。このように上部が重い、いわゆるトップヘビー型のバックパッキングは歩くには楽なのですがこのようなパッキングは当然ながらバランスを崩しやすくなります。山は平坦なルートばかりではありませんので振られると非常に危険なのでこのようなパッキングにならないようザックは適度な容量のものを選ばなければなりません。

またザックを背負うとベルトの付け根を支点として水平方向に離れれば離れるほど同じ重さでも重たく感じるようになります。したがって重いものはなるべく背中寄りにパッキングするようにしてください。ただし重いものにはコッヘルやバーナーなど硬いものが多いのでどうしても背中にゴツゴツ当りやすいものです。そうならないようにフレーム内蔵でないザックには厚めの下敷きのようなものをいれる工夫をしましょう。装備としては余計なものですが長時間苦痛に耐えるつらさに比べれば大したことはありません。

とっさに必要となるものはすぐ出せる場所に

パッキングは使うものがすぐ取り出せることが大切です。したがってよく使うものは上蓋などにパッキングしましょう。またファーストエイドなどの救急セットもとっさに使用するものですのですぐ取り出せる場所に入れるようにしましょう。たぶん使わないだろうなどという考えからザックの下のほうにいれがちですがもし手を切ってしまったときなどはザックの下のほうにいれておくと取り出すまでに中の荷物を血だらけにしてしまう可能性もありますので注意が必要です。

長いものはサイドにいれる

人間の背中は緩やかなS字カーブを描いて湾曲しています。当然、ザックの背面も少しへこんでいるぐらいがフィットしやすいのでテントポールやストック、傘などの長物は背面に斜めにいれるのではなくザックのサイドに縦に入れるようにしましょう。ただし、サイドのストラップに挟む方法は間に草木が挟まったり落としたりしやすいのであまりお勧めしません。ストックや傘はしかたありませんがテントポールのような重要なものはできるだけザックの中にいれましょう。

パッキングの実例としては40リットルのアタックザックでは装備類の中でも軽くてかさばるウレタンタイプの断熱マットなどはザックの幅くらいに折りたたんで一番外側にいれます。ヘッドライトやファーストエイドキットなどはすぐに取り出せる上蓋に入れます。ただし雨の影響を受けやすい場所なので上蓋の容量より少し大きめの防水スタッフバックにいれるといいでしょう。

クッカー・食糧グループは重いので背中寄りにいれますが背中にゴツゴツと当らないように隙間には衣類などを詰めるのもコツです。寝袋、シュラフなどは行動中は一番下にいれますが夜行するときなどのように最初に使う場合はとりあえず上のほうに入れておきます。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    関連記事

  • 登山・山登りの服装 シャツ編

    登山・山登り用の服装に求められる役割は体を保護することで岩角やトゲのある植物などからの保護、日光や雨風からの保護、低温からの保護などさまざまです。>>続きを読む

  • 登山・山登りの服装 上着編

    山歩きにおいて夏場の日中でしたらシャツだけでも対応可能なときもありますが春先や夏の終わりなどの季節の変化や早朝の寒さや天候の悪化など予想以上に山の>>続きを読む

  • 汗を上手に逃がすウェア選び

    山登りは言わずと知れた全身運動のため非常にたくさんの汗をかきます。汗は放っておくと不快なだけではなく体温を奪い身体を冷やし、疲れをもた>>続きを読む

  • 登山・山登りのザック選び

    登山においてリュックサック=ザック選びの第一のポイントは容量であり日帰り登山、キャンプなど目的に合わせて容量を決めておくべきです。>>続きを読む

  • 登山の荷物と詰め方(バックパック)

    山歩きの季節や場所、日帰りか泊まりかなどの要因によりザックの中身は多少変わってきますが最小限持っていきたいものがあります。それはレインウェア、水筒>>続きを読む

  • 登山靴・トレッキングシューズ選び方

    山歩き・トレッキング用品の中でも登山靴はもっとも重要なアイテムといっても過言ではないほど大切なもので上りや下り、ガレ場など山では足首に負担がかかり>>続きを読む

  • 山歩きに欠かせないレインウェア

    登山やトレッキングといった山歩きに欠かせないアイテムの一つがレインウェアです。街中ではあまりレインウェアといった概念は少なく自転車やバイクを利用する>>続きを読む

  • 登山・山登りの装備を揃える

    登山靴とバックパック、ウェアを揃えたら次は山で安全かつ快適に山行を楽しむための装備やアイテムが必要となります。自分の山行スタイルをイメージしながら>>続きを読む

  • 登山に使うトレッキングポール選び方

    トレッキングポールとは登山中に足場の悪い場所や傾斜のきつい場所で体のバランスを保つ道具で、転倒を防止する効果や疲労軽減の効果があるため多くの登山者が>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ