山登りのテント泊 テント選び ~丹沢登山LIFE.com

山登りのテント泊 テント選び

   

丹沢登山LIFE.com

山登りのテント泊 テント選び

HOME>>山登りの疑問・雑学>>山登りのテント泊 テント選び

山小屋泊まりの登山もそれはそれで素晴らしい魅力がありますが本当の大自然の中に自分達だけの静かな時間、少し顔を出せば満点の星空、そんなテント泊の魅力にいつかは挑戦してみたいと思っている登山者は少なくないはずです。

山でのテント泊は山小屋泊まりとは全く違い全ての事を自分達で準備し、成し遂げなければいけません。まず山小屋泊まりには必要の無いテントを用意しなければなりませんがいざテントを用意となるといったいどんなテントを選べばいいのか悩んでしまうものでもあります。

登山でのテント選びの条件

登山で使用するテントにはオートキャンプなどとは違った登山であるがために求められる条件などもあります。テントのデザインや仕様はモデルやメーカーによってさまざまですがソロ登山から少人数での登山を想定するとまずはなんといっても軽量かつコンパクトである事です。

登山において重たいテントやかさばるテントは致命傷とも言え、テントのおかげで他の装備や用品を置いていかなくてはならなくなったり、無理に持って行き、重たい思いをする苦行登山になってしまっては意味がありません。そんな思いをしてしまって登山キャンプ泊は懲り懲りなんてことになってしまったら非常にもったいない事でもあります。テント泊登山とは山で生活をすることそのものであり、すなわち衣食住の全てを背負って山に登る事になりますので背負って山に登れるだけの重さや大きさに制限があることを肝に銘じておかなければなりません。

是非はじめての登山キャンプ泊を成功させるためにもテント選びは慎重に行いたいものです。登山テント泊でのテントの重さの目安ですが以前に比べ各社軽量化に力をいれており、最近では一人用のダブルウオール自立式のテントでは1kg程度が主流となっています。

次にもう一つ登山テントに求められる条件が雨や風などの悪天候に耐えられる剛性です。遮るものの無い稜線などでは突風や豪雨に見舞われることもありますのでテントこそ安全な避難所にならなくてはなりません。これらの条件に加え、設営のしやすさなども挙げられますがテントの設営は慣れなどでカバーすることもできますし、また小型のテントであればほとんどのテントが扱いやすい仕様になっていますのでこの点はあまり気にしなくても問題ないと言えるでしょう。

テントの種類と特徴

テントには大きくわけて無雪期に使用する3シーズンタイプと雪山や雪のある季節にも使用できる4シーズンタイプがありますが登山テント泊初心者の方であれば3シーズンタイプのもので問題ないとおもいます。

テントは構造と設営方法から4タイプに分けられ、構造にはダブルウオールタイプとシングルウオールタイプがあり、設営方法には自立式と非自立式のタイプがあり、構造と設営方法の組み合わせで4タイプとなります。

最もベーシックなタイプがダブルウオールタイプの自立式でダブルウオールとは通気性のあるインナーテントに防水性のあるフライシートを被せるタイプで湿気がこもりにくく、フライシートのデザインによって前室が作りやすいのが特徴で雨の多い日本の気候に適したタイプのテントと言えますので日本の登山テント泊の最初の一張を考えるならこのタイプがお勧めになります。同じダブルウオールタイプでも非自立式のものはペグなどでの固定が必要なため設営場所を限定されるのがデメリットですがその分フレームデザインの自由度があるため居住性に優れるものが多いのと軽量化できることが最大の魅力でもあります。

シングルウオールタイプのテントとはインナーテントというスタイルではなく、本体に防水透湿素材を採用し、ダブルウオールタイプで使用しているフライシートを省略したものです。シングルウオールタイプのテントはフライシートが無い分軽量化できるのが最大の魅力ですが前室が無いモデルでは雨の日の出入りなどの時にテントの中が濡れてしまう事がある事や気候条件によってはテント内外の温度差によって結露をすることもあります。

楽天特集

  • 可愛くおしゃれに楽しみたい!山ガールファッション特集
  • 初心者にアウトドアグッズ選び、購入時のポイントなどを解説
  • 登山・トレッキング用品特集

    >>前の記事 山登りに大事な食事
    >>次の記事 テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット

    関連記事

  • 登山・山登りは健康にいいか?

    一歩一歩地面を踏みしめるようにして進むトレッキングは速度にして通勤時の半分くらいのスピードですが20分~30分歩くうちに息は弾み、汗もじわりとかいてきます>>続きを読む

  • 登山・山登りは筋肉にいいか?

    人の体は特に運動などをしなければ20代をピークとしていろいろな機能が衰えていくものです。例えば30歳以降になると10歳年齢を重ねるごとに体力は5~10%低下すると>>続きを読む

  • 登山・山登りのストレス解消効果

    普段寝起きの悪い人でも早朝にベットから起きて身支度をし、エネルギーを確保するために朝食をしっかり食べ、早々に家を出て太陽の光をたっぷり浴びる。トレッキングに出か>>続きを読む

  • 登山のアプローチと出発準備

    準備万端に整えて待ちに待った山登りの日。まだ見ぬ風景や山頂からのパノラマ、今夜宿泊する山小屋のことなどあれこれ描きながら登山口へ向かう道中のひと時もまた楽しいもの>>続きを読む

  • 山登りサークル・仲間探しの方法

    山歩きをはじめるには一人でやるよりも仲間や先生役を探すほうがいいでしょう。それには山歩きのサークルに入ったり、ツアー登山やガイド登山に参加する方法や経験者の友人>>続きを読む

  • 山登りに大事な食事

    山登りの場合、朝食は大切です。これからはじまる山歩きの一日を支えるわけですからきちんと朝食をとりましょう。普段から食べていないと急に体が受け付けないので普段の>>続きを読む

  • テント泊登山での睡眠を左右するシュラフとマット

    日帰り登山や山小屋泊まりしか経験のない登山者にとってテント泊はちょっとした憧れや一年に一度のイベントになるかもしれません。テント泊登山では当然テントで一夜を>>続きを読む

  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は自身の趣味>>続きを読む

  • 登山での調理器具 ストーブ選び

    登山での楽しみの一つに見晴らしのいい場所でのコーヒータイムや食事があります。山の中でちょっとお湯を沸かしたい時や簡単な料理を作る時に必要となってくるのがストーブ>>続きを読む

  • PR

    よく読まれている記事

  • 丹沢登山とヒル対策

    丹沢山塊をホームグランドとして活動している自分の経験談から丹沢のヒルの生息状況をご紹介いたします。塔ノ岳に行きたいけど蛭はいやだ!とかこのルートを>>続きを読む


  • ヤビツ峠から大山山頂登山 夏 6月

    丹沢山塊の東端に位置する大山は均整のとれた端正な姿を誇る信仰の山として江戸時代より親しまれてきました。また雨乞いの山としても有名で現在でも大山阿夫>>続きを読む


  • 大倉から二俣経由鍋割山登山 夏 6月

    このページでは大倉から二俣経由での鍋割山山頂までの丹沢人気登山コースをご紹介いたします。また折角、鍋割山に登るのですから山頂から鍋割稜線を歩き一足>>続きを読む


  • 大倉尾根から塔ノ岳登山 夏 8月

    大倉尾根からの塔ノ岳登山ルートをご紹介いたします。大倉尾根は体力的にきつめのコースとして知られていますが山頂付近の眺望やコース各地に点在する山小屋>>続きを読む


  • 山行スタイルで決める登山靴選び

    登山靴と一言で言っても多種多様でショップなどを見ても様々な登山靴が並んでおり、どのような登山靴を選べばいいのか迷ってしまうものでもあります。登山靴は>>続きを読む



    特集


    登山&トレッキング用品特集


    アウトドアグッズカタログ